<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ヤマカシュウとヤマウコギ‥

この季節、森は緑にみどりを重ねて、その中を歩くには少し暗いくらいです。
喬木たちがわずかにこぼした木漏れ日さえ残さず拾い集める‥ そんな木々のせいかもしれません。


e0070545_21172625.jpg
ヤマカシュウは蔓性の木本です。 ここでは低木のツリバナを登っていました。

e0070545_21174524.jpg
一見草蔓のように見えますが、前年の蔓はゆっくり木化していくように見えます。

e0070545_21175899.jpg
木漏れ日を受けるには葉だけでは足りないのでしょうか? 花まで緑色です。(雌雄異株・雄花)


e0070545_21181955.jpg
ヤマウコギは低木です。 上よりは横や下に向かって伸びるような気がします。

e0070545_21182443.jpg
少し明るく撮っていますが、実際はずっと暗い場所です。 丸い花序は花火のようです。

e0070545_21183466.jpg
林床近く葉を突き上げて懸命に陽を受けるものがあることを‥ きっとお日様は知っていますね。



※写真はクリックで拡大いたします



.
[PR]
by moraisan | 2018-06-06 23:19 | 山野草・樹木 | Trackback | Comments(2)
私の野ばら‥  (ノイバラ)

一週前に咲き始めたと思った花は、すでに盛期も過ぎようとしていました。

e0070545_19252355.jpg
陽の落ちるのも近い頃、ようやく訪ねた野ばらです。


e0070545_19261315.jpg
少し離れて見るなら、まだ十分に元気そうだけれど‥


e0070545_19264353.jpg
近づけば花の傷みの多いのに気づきます。 ただその香はこの頃が強く確かです。


e0070545_19271302.jpg
ここの野ばらは、少し紅を刷いた花をまじえるように咲かせます。


高温に転じた気候の変化は、年々この花の開花を早くして、短く追いやるようです。
隠し立ては何もないという風に咲く一重のバラは、多く虫たちを集めては、次々に咲いて終えていきます。

歌曲『野ばら』の訳詩に見る姿は、少し開き直ったくらい潔いように感じますが‥   この花もまた。



※写真はクリックで拡大いたします




.
[PR]
by moraisan | 2018-06-04 21:39 | 山野草・樹木 | Trackback | Comments(4)
紅玉‥ うぐいすかぐら


e0070545_10084600.jpg


ただ数秒の間、縫うように差し込む光の中にも それに気づくことができるならば‥

この世界にちりばめられた宝玉の様々を 瞬く間だけでも見ることだろう。


※写真はクリックで拡大いたします



.
[PR]
by moraisan | 2018-06-04 12:22 | まばたきの記憶 | Trackback | Comments(2)
移り行く森‥  (クリンソウ)

通う森まで登る段丘斜面の終わり、ここからは森の入口辺り‥
ここでは初めて見るクリンソウに出逢いました。 ただ一株だけれど‥

e0070545_14433295.jpg
小沢沿いに行きつく窪は谷地気味で、蕗や蓬が生る中にそれは少し窮屈そうに見えました。


e0070545_14433649.jpg
近辺の高い場所のような強い朱の色ではなく、どこか褪めた淡い色で咲いていました。


e0070545_14434628.jpg
28年歩いてきた森で、消えたものも多いのだけれど‥ やはり新しい出逢いは嬉しいものです。


e0070545_14435025.jpg
いったいどんな風に、誰がこの花の種を運んだものか? 謎は深まるばかりです。

クリンソウを含むサクラソウの仲間は、他家受粉で種を結ぶと知られています。
この種の花は短花柱花(花柱が雄蕊より短いタイプ)と長花柱花(花柱が雄蕊より長いタイプ)があって、
違うタイプの組み合わせでのみ種ができるといいます。
写真の花は短花柱花、しかもただ一株ですから、はたして種を結ぶことができるのでしょうか?

いつの日か、この森の入口がクリンソウで彩られたら‥ いいだろうな。


※写真はクリックで拡大いたします




.
[PR]
by moraisan | 2018-06-02 21:00 | 山野草・樹木 | Trackback | Comments(2)