人気ブログランキング |
赤い月
  六年ぶりに皆既月食が見られるというその日、朝から雲の量は増すばかり‥ 時折雨までふりだして。
  午後6時半、西空が少し切れて、残照が空をわずかに染めました。
e0070545_22293144.jpg

  待てども東の空は厚い雲、遠雷が時折山のシルエットを浮き上がらせるばかり‥
  それにしても、月の気配くらいは雲の向こうに感じてもいいのに‥





e0070545_22363964.jpg

  時間ばかりが暗闇に過ぎ、もしかしたら皆既の高度はもっと低いのでは? と思うまでにしばし‥
  手前の山を回りこむことにして急ぎ足になる。  そして午後8時6分‥ 『赤い月』に会う。

  

  今朝の新聞紙面一面には、熊本で撮影された見事な写真が掲載されました。
  月を撮れるような長玉のレンズもなく、またそのような撮影技術もないけれど‥ されど、『赤い月』 ご一緒に。


   ※写真はクリックで拡大します。 粗が見えますが、お約束しましたので^^;
by moraisan | 2007-08-29 23:03 | | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : https://poran.exblog.jp/tb/6368303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ironsky at 2007-08-30 00:00
昨日、月が見えたんですね。
私のところでは見えませんでした・・・。
お酒飲んでいたので、見てませんでしたが。(笑)
Commented by KATEK at 2007-08-30 07:41 x
赤い月ですね。本当に。時間をかけた撮影,お疲れ様でした。こういう月を静かなところで見るというのはどんな感じでしょうか。ここにも別時間がありそうですね。
Commented by saheizi-inokori at 2007-08-30 08:00
ルナ・ロッサ、けだるい歌声でした。これはそういう感じがしません。健やかです。
Commented by 夢喰い at 2007-08-30 08:48 x
夕焼け空と黒い山のシルエット。
ぽつぽつっと点在する明かりがなにかドラマチックです。
こちらは夕焼けどこからどっぷり厚い雲で残念でした。

赤い月、漆工芸のようにも見えて、
こんな柄のあるお重が一つ欲しくなっちゃいました。
Commented by namiheiii at 2007-08-30 18:55
よく撮れましたね!やっぱり執念ですね。これは皆既を少し過ぎた頃ですか?こちらはまったくの雨空、三年後生きていれば・・・
Commented by masue-robin at 2007-08-30 20:47
ふぁぁー! こんな赤い色の月なのですね!…す・すごいです。
大昔の人は赤い月をご覧になり驚かれたことでしょうね。
見せていただき ありがとうございました。
Commented by moraisan at 2007-08-30 23:41
>ironsky さん、こんばんは。
風が起きやすく、一日中雲に覆われることは少ない土地柄‥ もしかしたらと待ちました。
撮影を終えた時、カメラが夜露に濡れていて、初めて夜気の冷たさに気づきました。
Commented by moraisan at 2007-08-31 00:10
>KATEK さん、こんばんは。
わずか数秒の露光時間でも、星々は軌跡を残して流れ、月はゆがみます。
留まることのない時間の中に在ることを、そしてそれを忘れていることに、あらためて気づかされたりします。
Commented by nonacafe at 2007-08-31 00:24
ハイビジョン100インチ大画面(笑)で拝見させていただいたような気分です。
凄いな〜!moraisanさん。天まで味方につけてんだもの〜!
東京はこの夏やっと初めてのような夕立ち(雷雨)でした。(爆)
Commented by moraisan at 2007-08-31 00:24
>saheizi-inokori さん、こんばんは。
写しとめることはできませんでしたが、月の背景は数秒とおかず雷光に光りました。
遠く雷鳴は聞こえませんでしたが、何やら音楽を聞くようでもありました。
けだるさとは無縁な‥音のないシンフォニーだったかもしれません^^
Commented by moraisan at 2007-08-31 00:34
>夢喰いさん、こんばんは。
皆既月食の夜の楽しみのひとつは、丸い月の傍ら近くに、小さな星たちを見つけられることです。
お重‥ 漆黒から淡く朱を研ぎだして、すこし金銀も蒔きましょうか^^
Commented by moraisan at 2007-08-31 00:43
>なみへいさん、こんばんは。
山を周り終える頃には、ずいぶんドキドキしていましたから、執念というよりは好奇でしょうか^^
時間的には皆既の最中ですが、十数分後には食が明け始め、赤い月は暗く沈みました。
Commented by moraisan at 2007-08-31 00:52
>masue-robin さん、こんばんは。
三十年ほど前、学生の頃東京都内で見た皆既月食が忘れられません。
ずっと高いところに見られた月は、穏やかな桃色で、その円周のすぐ縁に七等星?さへ沿わせているようでした^^
Commented by moraisan at 2007-08-31 00:58
> nonacafe さん、こんばんは。
あの夜の空は何インチだったかなあ‥^^
天は人の上に人は作らず、その下に人を作った。 だからその下を、今日もトボトボ歩きます‥時折 見上げながら。
Commented by atNOGAWA at 2007-09-02 21:41
こちらでは、皆既月食の始まった時間からものすごい大雨になってしまいました。(赤い月を楽しみにしていたのですが)
6年前には中央道を走りながら左手に赤い月を、そんなことを思いながら待ちましたが、終焉近く薄くなった雲を透かしてほんの僅か白い月の光が・・・
Commented by moraisan at 2007-09-04 03:46
>atNOGAWA さん、おはようございます。
多くの人が同時に空を見上げる‥ 数少ない機会でしたのに残念でした。
こんな田舎にあっても、グランドの照明やら空を白ます明かりが増えています。
次は三年後‥ 同じ月を見上げていたらいいですね^^
Commented by mmamacat at 2007-09-04 06:33
素晴らしいです。
こちらでは午前3時ごろでしたから起きませんでした。
翌日TVで観ましたが、moraisanさんの「お月様」を観た時の感激は
ありませんでした。大きくして拝見しましたら、お月さまの回りに白く光るものが・・・お星さまですね。嬉しくて胸が一杯です。
有難うございます。
Commented by moraisan at 2007-09-05 23:27
>mmamacat さん、喜んでいただけてよかったです。
月食は日本だけにあらず、この地球(ほし)自体が関わった、この地球全体のイベントだったのですね。
ずいぶん長く生を与ってながら、片手の指も折りきりません。
時に恵まれたこと、お分けできたのなら幸いです^^


<< 秋来たる 目にて言う‥ シオカラトンボ >>