いのち ‥仔猫
  我が家とゆるいつきあいの母猫が、六匹の仔猫を産みました。
e0070545_2013236.jpg
  みんな元気な子らで、いのちの塊りのようです。  顔を見せるようになりました。

  見ていると腹の底から笑いがこみ上げて、自分の声にハッとします。

  いのちは もろくて、たくましい。 悲しくて、嬉しい‥ そして美しい‥いのちは。
by moraisan | 2006-09-27 20:30 | いのち | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://poran.exblog.jp/tb/4220283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gleybird at 2006-09-27 20:49
いのちを一度に6個も産んだ、母猫ってえらいですね。
Commented by ran1005 at 2006-09-27 23:11 x
本当に仰るとおりです!
命は脆くてたくましく、悲しくて嬉しい・・・そして美しく永遠です!
私の亡き友は私の植物の先生でした
植物の一生を通して命の儚さとたくましさを私に教えてくれました
そして再生した私に「元気な今の姿が最高に好き!」と言ってくれました
良き友は以前にも増して何時もそばにいて未だに励まし続けてくれています
blogをアップしながら何時も身近で対話して存在を意識しています

どうぞゆっくりとで良いですから心向くままblogの更新を続けてくださいませ
山向こうのmoraisanさん! 心待ちにしています!
Commented by moraisan at 2006-09-27 23:17
>gleybirdさん、こんばんは。
三匹の母猫が同じ頃に産んで、16匹も仔猫がいたこともありますよ。
でも自然に数を減らして、いつも数匹の猫たちが棲みついている状態です。
猫には猫の世界がある‥ そこと交差しながら生きるのは楽しいかな^^
Commented by moraisan at 2006-09-27 23:31
>ran1005さん、こんばんは。
重ね重ね、ありがとうございます。
朝夕だいぶ寒くなりました。今夕帰り道、気温の低下で動きが鈍くなった、ジムグリという小さなヘビと、
持ち重りのする大きなヒキガエルを手にしました。
どちらも道の真ん中で、のんびり休んでましたので^^:
痛ましい交通事故が報道されますが、ルール以前に、地上で多くのいのちが自由であること、
存在することを意識して欲しいですね。
Commented by mayumis39 at 2006-09-28 00:09
こんばんは! 再開ですね、良かった!
その始まりがこのげんきな、愛らしい子猫達。ほっと、しました。
Commented by mmamacat at 2006-09-28 03:11
可愛いこと! 元気を頂きますね。
思わずニコッ~ としてしまいました。
お友達もmoraisanさんが元気でお過ごしになるのを見守ってくださいますね。 
Commented by 夢喰い at 2006-09-28 10:03 x
どんな生き物でも仔は活力満々、かわいいですよね。
とんではずんで、明日よりも今のこの一瞬。
疲れ眠って、起きたら遊んで・・・・・

笑いが戻ってきたようでなによりです。
Commented by gix01mg at 2006-09-28 18:59
もろくて、たくましくて、うれしいいのち。
それを見ているmoraisanさんの視線が、
やさしそうだなぁと思いました。
仔猫のまだ太い足を見ていると、なんだかうれしくなります。
Commented by ironsky at 2006-09-28 21:01
子猫、文句なしに可愛いものです。
無邪気な表情が良い。
命のつながりを感じさせられますね。
Commented by moraisan at 2006-09-29 22:05
>mayumis39さん、こんばんは。
すみません、ご心配かけたようですね。
時には疲弊してしまう心を、いのちを、満たし癒してくれるのは
やはり いのちに他なりませんね^^



Commented by moraisan at 2006-09-29 22:29
>mmamacatさん、小さいのですよ。
小さな心臓が脈打ち、小さな目が世界を見ながら‥動くでしょ(当たり前ですが)^^
化け物の大きさの私を前にして、どうですこの面構え。いのちは不思議と誇りに満ちています。
Commented by moraisan at 2006-09-29 23:07
>夢喰いさん、こんばんは。
この子らを守ってくれそうなのは母猫一匹‥これが始終姿を消しますが^^;
こうして仔猫たちは、無防備ながら、守られててもいるようです。
いのち その存在こそが、この地球という星の意識のようだと思うのです。
Commented by moraisan at 2006-09-29 23:18
>gix01mgさん、こんばんは。
私は極力手出しはしません。なるべく横目に見るようにして、知らんぷりをきめこむのですが‥
目が勝手に後を追い、手のひらがその感触を知っているのはどうしてでしょう^^; かないませんね^^
Commented by moraisan at 2006-09-29 23:35
>ironskyさん、こんばんは。
文句なしに‥ はい、つけようがないですね^^
みんな元気にそろっていることは、むしろ珍しいことです。
いつもは目薬くらいは噛み付かれながら点すのがいるものですが‥^^;
ただ眺めている‥ いい時間です^^





<< 秋空 茂来山 彼岸の空 >>