チダケサシ ‥野のアスチルベ
  チダケサシという名は聞きなれなくても、栽培品種のアスチルベはご存知の方も多いでしょう。
e0070545_234378.jpg
  アスチルベ同様、淡いピンクの花を咲かせますが、これはむしろ珍しい白花です。
  乳茸(ちだけ)というキノコを刺して持ち帰ることからついた名だといいます。

e0070545_2311193.jpg
e0070545_23113588.jpg
           今年は開花が遅れて、まだ咲き始め。  繊細な花に山の空気を絡ませて‥
by moraisan | 2006-06-27 23:20 | 自然 | Trackback(1) | Comments(12)
トラックバックURL : https://poran.exblog.jp/tb/3713218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 梟通信~ホンの戯言 at 2006-07-10 11:01
タイトル : 夏の花が咲き始めた小淵沢
又来てしまった。増富温泉。やはりこの冷たいラジュームの湯はいいんだなあ。 泊まりは小淵沢。花がずいぶん増えてきた。 花の名を記せればどんなに幸せだろう!山アジサイくらいしか分からない。 蕎麦は今日も大泉の「さかさい」・かもセイロ 水車は昨日昼を食べたみずがき蕎麦。... more
Commented by sakura at 2006-06-28 09:56 x
アスチルベというのですか。アワモリショウマと同じ花ですね。
このピンク色のアワモリショウマの花を友人のお宅で始めて見て
一目惚れしました。
山の空気を吸ったアスチルベは一段と清楚で美しい!!
Commented by 夢喰い at 2006-06-28 18:49 x
たった今の今まで「あせちるべ」だと思っていました。
こうした間違って覚えてることが多々あって時々笑いモノになります。
Commented by ironsky at 2006-06-28 21:27
乳茸をこれにさして持ち帰ると、何か良いことがあるのでしょうか。
乳茸は山に生えているのは見たことがありません。
確か、栃木では珍重されるキノコだったように思いますが。
Commented by moraisan at 2006-06-28 22:32
> sakura さん、こんばんは。
ユキノシタ科、チダケサシ(アスチルベ)属‥学名がそのままこの仲間を指しています^^
アワモリショウマも良く栽培されるようですが、自生は南の方だそうで、まだ見たことがありません。
ショウマの仲間は花姿が似ていますね^^ 
Commented by moraisan at 2006-06-28 22:48
>夢喰いさん、こんばんは。
それは‥汗散るべ‥^^; と、国訛り^^ゞ
でも学名なんて、ホントはどう発音するものやら‥
「アスチルベ」の名は馴染みの喫茶店で、チダケサシと間違えて教えていただきましたが、
時々名前を忘れます‥「汗散るベー」夏だし‥覚えることにしました^^b
Commented by moraisan at 2006-06-28 23:01
>ironskyさん、こんばんは。
乳茸の生える環境を考えると、腰に串刺しで下げ歩くのがいいのかもしれません^^
私は乳茸ではなく、岩魚をぶら下げて見ましたが‥あまり具合がよくありませんでした^^;
写真のチダケサシはたいへん花着きがよく、オシベの葯まで白いちょっと変わった一株なんですよ^^
Commented by びわのたね at 2006-06-29 16:50 x
乳茸…チチタケ。
我が家には3センチのキノコの本があり、調べてみました。おいしそうなきのこです。
きのこを刺していたんですか♪なんておもしろいのでしょう♪
茎が丈夫なんでしょうか?
これから、アスチルベをみるたびにチチタケも思い浮かべてしまうようになるでしょう・・・。(笑)
絵にも描いてみたい光景です♪
Commented by moraisan at 2006-06-29 23:09
>びわのたねさん、こんばんは。
アスチルベ同様、茎はしなやかで丈夫です^^
乳茸を見つけると周りを見回すのですが‥チダケサシがあったためしがありません^^;
ブログに絵もアップしていただけたらいいのに^^ ‥絵、描きたいなぁ。
Commented by saheizi-inokori at 2006-07-10 11:01
髭彦さんの紹介でやってきました。私は携帯で撮るだけですのでこんな素晴らしい写真を見ると羨ましいやらうっとりします。昨日アップした小淵沢の花たちの名前が分からないと書いたらアスチルベを教えてくださる人がいました。ここにも咲いているので嬉しくなりました。
Commented by moraisan at 2006-07-11 00:08
> saheizi-inokoriさん、はじめまして。
梟通信というブログタイトルにも惹かれ、何度かお訪ねしたことがあります^^
ただあまり言葉を持たないので、コメントを残すこともせず今日まで失礼しました。
携帯での撮影とのことですが、きれいに撮れているのに感心します。
私はなかなか思うように携帯で撮影ができません^^;
私の住む里を走る小海線、一方の終着駅が小淵沢‥ 年に数度は降り立ちますが、ゆっくり訪ねてみたいです。
他の方のサイトで自分が目を留めた花に出会うのは、私も同様、嬉しいものです^^
Commented by saheizi-inokori at 2006-07-12 13:40
夕べ一杯飲みながら「あすちるべ」は「明日散るべ」か、なんて盛り上がっていました。チダケはとても貴重な良いダシが取れたと思いますが記憶違いかもしれません。
Commented by moraisan at 2006-07-12 22:56
>saheizi-inokoriさん、こんばんは。
楽しいお酒を飲まれたようですね^^ 花を肴にできるご友人があっていいですね。
アスチルベ‥学名のギリシャ語は「輝いていない」の意味とか、日本の風土では十分輝いているんですがね^^
チダケはたいへんおいしいキノコだと記憶しています。
炒めて食べたことしかないので、ダシまでは残念ながらわかりません。
今後出会う機会があったら良く味わってみたいものです^^


<< A cherry tree  ... 空木(うつぎ)二題 ‥梅花空木... >>