八ヶ岳 ‥3月20日 遭難
厳しい冷え込みの朝、北八ヶ岳の樹林帯にも新雪がかぶった‥ 朝まで残る更待月を彼らも見続けたろうか
e0070545_23151175.jpg

晴れ渡った空に、八ヶ岳主陵は雪煙を上げ‥ ふと胸をよぎるものはあったが
e0070545_23212832.jpg


夕刻、八ヶ岳が穏やかに焼けるのを見た‥ 山は黙していた  
e0070545_23244989.jpg

山は悲しんだだろうか それとも怒ったろうか‥ 空が今年初めて 強く焼けた
e0070545_2328508.jpg

by moraisan | 2006-03-20 23:35 | 自然 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://poran.exblog.jp/tb/3036031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mmamacat at 2006-03-21 06:11
感動で言葉がありません・・・
Commented by moraisan at 2006-03-21 09:26
mmamacatさん、こんにちは。
目の前に毎日眺める山で、残念なことになりました。
季節風の強い高山の冬山、積雪が少ないとはいえ、八ヶ岳の風は一級です。
私は山に身を横たえたい願望がある人間ですが‥遭難死はあってはならないと思います。
今朝の八ヶ岳は、春霞‥三人の方のご冥福を祈ります。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2006-03-21 20:17
八ヶ岳では残念なことになりましたね。
こちら、仙ノ倉山でも二人の尊い命が奪われました。
平標山ではいまだ、一人が行方不明です。
女性的な山容で人気のある両峰ですが、風の強さは一級品です。
その強風に悪戦苦闘したことも数知れずです。
強風は体感温度を更に下げます。無くなったお二人はさぞかし辛かったでしょう。
八ヶ岳の三人をはじめ、平標山のお二人と共にご冥福を祈ります。
Commented by moraisan at 2006-03-21 20:51
sakusaku_fukafukaさん、こんばんは。
仙ノ倉山、平標山‥聞いたとき、すぐsakusaku_fukafukaさんのことを思い出しました。
自分の親しんだ山での事故は、やりきれない思いがありますね。
帰らぬ人に待つ人があり、生還を望み戦ったであろう事を思うとき、胸がふさいでしまいます。
Commented by ironsky at 2006-03-21 23:24
八ヶ岳方面での遭難事故、何件かあったみたいですね。
山の天気は変わりやすい。
いちばん最後の写真、見事な夕焼けです。
燃えているようです。
Commented by nonacafe at 2006-03-22 01:13
山は遠目では美しいですが、残酷で厳しいですね。
いつも連休には悲劇が待っている。たしか凍傷でSOSだったのですよね。まだ登山初体験の頃5月の連休でも山稜ではまだ雪山だったことがあったけな…。軽装でまったく無知でした。
ところで1枚目と2枚目は連続パノラマかしらん…?
Commented by moraisan at 2006-03-22 20:42
>ironskyさん、こんばんは。
ようやく春めいてきたのか、夕空に色が着くようになりました。
春の強い風が、木々の枝を折ったり、弱い樹なら根扱ぎに倒したりします。
早春が試練の季節であることを、改めて思う事故でした。
Commented by moraisan at 2006-03-22 20:58
> nonacafeさん、こんばんは。
里でも雪が舞う季節なら、山はまだ冬の表情をしています。
そんな季節にひかれるように入山する気持ちが分かるだけに、残念な思いです。
1枚目と2枚目‥ほぼ繋がります。1枚目の左端が天狗岳、ここから北(右手が北)を北八ヶ岳、
2枚目右端が硫黄岳、ここからが南八ヶ岳となります。


<< 3月23日 ‥雪のち 夕焼け 山里 ‥再び白く >>