藤咲く頃‥

この花の色を山肌に見つけると、夏の近いのを感じます。 
そう、明日からはもう立夏‥


e0070545_21441873.jpg
この岩壁に少しづつ大きくなった藤を楽しみにしています。


e0070545_21234317.jpg
同じ岩の西面にはずっと大きな藤も登るのだけれど‥


e0070545_21235645.jpg
この藤は一切人工物の手を借りずに、この垂壁を登っているのが頼もしい。


e0070545_21241209.jpg
朝日こそ遅いのだけれど、南向きの壁は暖かいのか少し先がけて花を咲かせます。


e0070545_21245644.jpg
細い谷を挟んで連なる斜面には、木々を登る藤たちががやはり夏を告げています。


e0070545_21250769.jpg
カラマツを一気に登る藤は、もう藤の木そのもののようだし‥


e0070545_21252194.jpg
木々を渡る藤は、新緑の林にあらたにその藤色を添えて見事です。



小さな谷筋に足を向ければ、まだ若い蕾の花房も多くあって‥
e0070545_21253335.jpg
季節に置いて行かれがちな私は 少し安堵するのです。




※写真はクリックで拡大いたします



.
[PR]
by moraisan | 2018-05-06 22:42 | 山野草・樹木 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://poran.exblog.jp/tb/27259684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by echalotelles at 2018-05-07 06:48
そうなんですよね。藤は登るのですよね。
ご近所の藤が、その隣の大きな木に登っているのを初めて見たときは、
いったいどういうことが起こってるのか、わかりませんでした。
藤の木が他の木の間に生えてるのか…と思いましたが
横からその木に這いあがっているのでした。
この岩壁に登る藤、見事ですね~
クライマーですね。
Commented by saheizi-inokori at 2018-05-07 09:15
中央高速だったか中央線だったか、窓の外に藤がちらっと見えたことを思い出しました。
Commented by moraisan at 2018-05-07 18:16
>りんご姫さん、こんにちは。
藤がこんな岩壁を登るのは、少し不思議なことなのです。
西面の藤は数十メートルも登っていますが、崩落防止の金網があって故です。
絡まるもののない岩壁を登る‥ やはりクライマーなんだと思います^^
Commented by moraisan at 2018-05-07 18:19
>saheizi さん、こんばんは。
行楽シーズンを迎え、人の移動が盛んですね。
でも車も列車も‥ 何かに出逢うには少し速すぎるかもしれませんね。


<< 小さな高貴‥   チゴユリ 水の苦手な水辺の花‥  ツルネ... >>