雪中散歩 ‥林床に拾う 
アケビ‥
e0070545_23113753.jpg

クマザサ‥
e0070545_23153430.jpg

風の強い日でした。風を避けるように林に踏み込みましたが、裸の林には風が吹き抜けていました。
[PR]
by moraisan | 2005-12-17 23:19 | 山野草・樹木 | Trackback(1) | Comments(9)
トラックバックURL : https://poran.exblog.jp/tb/2219460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雪の朝ぼくは突然歌いたく.. at 2005-12-18 12:45
タイトル : 051218 日々歌う
北風の止め刺すがに吹き荒るる見る間に木々を裸に剥きて 枯葉飛ぶも飛べよ北風に裸晒して己が罪償へ と核を呼びつつ長崎を劫火で焼けりは 印度にて牛馬のごとく民使ふ英国人に諭吉憧る 人はみな己が貌に時きざむ過ごせし時の消えぬ証に 厚塗りのをみな溢れし隣国もチェ・ジウの出でて変はりしならむ 溢るるの想ひいづくに溜まりしや心の嵩の小さき吾の ... more
Commented by atNOGAWA at 2005-12-18 00:19
雪の上を吹き抜けてくる風は冷たいですね、
暖かい部屋の中でこの風景が見られるのは幸せです。
Commented by ran1005 at 2005-12-18 07:59 x
そちらはかなり積もっているのですね 太陽で少し解け始めた雪が寒さで凍っていますネ
雪が降るたび葉がおちて・・・moraisanさんがカメラを向けたくなる気持ちが私にはよく伝わりますヨ 
厳しい自然の中で生活している同士として・・・

Commented by ironsky at 2005-12-18 11:08
ときおり差す日差しがとてもうれしく感じる季節です。
ちょっと傷んだ葉も、光が透けて、これもまた綺麗ですね。
Commented at 2005-12-18 11:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 謎野 at 2005-12-18 12:50 x
晴れ渡る東京は北風が吹き荒れて、木々を見る間に裸にしています。
相変わらずのすばらしい写真。
北国の冬を想います。

熊笹のわづかに顔をのぞかせてざら目の雪に埋もれけり

今朝詠った拙歌をTBさせていただきました。
Commented by moraisan at 2005-12-18 17:37
>atNOGAWAさん、こんにちは。
連日風が強いので、体感気温はマイナス10度以下でしょうか。
雪も乾いたまま風任せ、吹き溜まりの位置を変えるだけで、溶ける気配もありません。
Commented by moraisan at 2005-12-18 17:43
>ran1005さん、こんにちは。
県下は異常低温注意報!真冬日がもう何日になるでしょうか。
日差しの中に身を置いてみても、温もりは得られませんが‥せめて視覚から、お日様の温かさを感じようと‥(^^)
Commented by moraisan at 2005-12-18 17:49
>ironskyさん、こんにちは。
午前中だけ晴れて、午後からは雲が増えて寒さの増すパターンです。
立つと風に体ごとブレるので、しゃがみこんだ撮影が多い日でした^^;
お申し出の通りにさせていただきました。
Commented by moraisan at 2005-12-18 18:09
> 謎野さん、TB、コメントをありがとうございます。
人の世の寒さに比べれば、寒風の冷たさなどいくらでも耐えられる気がします。
日の光にあらずとも、いのちを否定はいたしませんから‥厳しいとしてもです。


<< 冬を越す蝶 ‥キチョウ 人工池の冬  >>