<   2016年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
 しがこ(氷)探し‥

  もはや暖冬などと喜んでいられないのかもしれない。
  まだ一度も地面をすっかり隠す雪は来ないのだし、水辺の氷さえ殆ど見ないこの冬です。

  節季は寒。 寒さに震えながらも、水辺のクリスタルの造形を毎年楽しみにしてきたものです。
  
e0070545_643874.jpg
    いつもならそこかしこに見る しぶき氷も、探してやっと見つけます。 それも何だか頼りない‥

e0070545_657269.jpg
    こちらは堰(せぎ)の落ち込みで見つけたものですが、こんな日陰を探しては覗き込んでいるこの冬です。
  


                        ※写真はクリックで拡大いたします。



  
[PR]
by moraisan | 2016-01-13 07:14 | 自然 | Comments(6)
ガガイモの頃‥
 
  新年、久しく歩くことをしなかった野山に 孫たちに誘われるまま足を運んだ翌日。
  再び一人歩けば、その花を見ないまま過ごしてしまった蔓草が、今まさに種を風にあずけようとしていた。

e0070545_22354567.jpg
  この種子の持つ冠毛は、私の知る限り最も繊細なもののひとつですが‥

e0070545_2236505.jpg
  どうしてこれがなかなか頑固で、容易にその種子を風に放そうとしないのです。
  タンポポのそれのように、まるで無風に感じる宙に漂うような そんな器用な真似は出来ないのだから‥
  確実に遠く運んでくれる風を選びながら これはきっと待っているのかもしれない。

e0070545_2392255.jpg
  なかなか風の強い日だったのに、いつしかその風も弱まって夕暮れ時が近づいていた。
  私は何べん、いや何十ぺん この蔓草の生涯を見てきただろうかと‥ ふとそんな事を思った。
  特徴的なその葉を見つけるのは初夏の頃、盛夏の中で見る花の頃、秋草の中に一度は見失って‥
  冬の枯野の中で再び出逢う そうそれは旅立ちの今の頃。

  昨年霜月の終わり頃、大切な年長の友人が闘病の末に 旅立っていってしまった。
  秋の気配の頃からは、共に特別な時間の中にいたようで 私たちは別れの頃を生きたように思う。
  再び繰り返すことのない、ただ一度きりの時々の頃を、二十数年の長きをお付き合いいただいた。

e0070545_2341547.jpg
  夕刻の光が低く斜めに照らすころは、今は会えない人を繰り返し思い出す。
  私は天の国などきっと信じてはいない。 でもこんな光の中では、彼らでいっぱいいっぱいになるのだ。



                         ※写真はクリックで拡大いたします。

[PR]
by moraisan | 2016-01-10 23:56 | 山野草・樹木 | Comments(10)
 陽光‥


e0070545_0153063.jpg


                        ※写真はクリックで拡大いたします。

  
[PR]
by moraisan | 2016-01-07 00:55 | 自然 | Comments(4)