<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
逃遷の桃‥
  
e0070545_8522325.jpg
  千曲川の堤外(河側)に、ぽつんと一本の桃の木があります。

e0070545_8533877.jpg
  伸びやかに枝を張った姿に、桃と言う木の本来の姿を見るようで、毎年楽しみにしています。

e0070545_8541732.jpg
  こんな場所にありますから、この木が人の手に植えられたものでないのは確かです。

e0070545_8553100.jpg
  誰の手も借りず、毎年毎年見事な花を咲かせています。

e0070545_8595345.jpg
  今は雪しろを得た千曲の川水が豊かな頃ですが‥

e0070545_8554433.jpg
  年に何度かの大水のの時など、膨れた水が根元を洗いそうに迫るので、冷や冷やさせられる事もあります。

e0070545_903833.jpg
  見ているうちに日暮れ時が迫って来ました。 この花も後数日のことでしょう。 ‥それからは また一年です。


                        ※写真はクリックで拡大いたします。

この桃の木によせて‥
[PR]
by moraisan | 2012-05-13 11:02 | 山野草・樹木 | Comments(8)
漂北の桜‥
  
  遅れに遅れた山里の桜は、四月末の夏陽気に三日で咲いて五日目には散り敷いてしまいました。
  例年訪ねる桜のいくつかの下に立つこともなく過ぎてしまい、私は珍しく桜のあとを追いかけることにしました。

  五月五日、桜はすでに故郷函館を過ぎ、道北の友人からエゾヤマザクラの開花の便り‥
  私の追いかける北は水平にではなく、垂直方向に‥ 標高1100m、茂来山中腹に咲く染井吉野でした。

e0070545_6451754.jpg
  標高も1100mとなれば、山桜もそろそろ限界の高度にこの染井吉野はあります。
    
e0070545_646031.jpg
  桜花を愛でる人の常を認めつつも、私にとっての桜はまず木です。 大好きな木です。

e0070545_6463070.jpg
  これほど見事に地衣を纏う木を私は他に知りません。 それは風雪を生き抜いた人の姿にも映ります。 
   
e0070545_646563.jpg
  邂逅から二十余年、その過ぎた時間を木の姿に見ることができる‥ そんな不思議な木でもあります。 

e0070545_6473633.jpg
  もちろん花も美しいです。 花の大きさ形の揃いにおいて、染井吉野に勝る桜はないのではないでしょうか。

e0070545_648013.jpg
  少し陰の下枝にはまだ蕾のものさへ見つけられて、足早に過ぎようとする春に少し追いついた気分です。

e0070545_64712100.jpg
  枝の一所に小さな宿木があることに初めて気づきました。 ああ、この木も壮年を過ぎたのだと ‥思いました。


                         ※写真はクリックで拡大いたします。

この染井吉野に寄せて‥
[PR]
by moraisan | 2012-05-09 22:34 | 山野草・樹木 | Comments(8)