<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
皆既月食‥
  昨夜は今年二度目の皆既月食がありました。
  あいにくシーリングはあまりよくない上に、風も強いし小雪がちらつく夜でした。
  それでも次は三年後‥ 広がる雲とにらめっこでしたが、なんとか見ることができました。

e0070545_9151729.jpg
  速い雲が月を洗う中で食は始まりました。 雲を抜け出した時は、もうだいぶ欠けていました。

e0070545_9222048.jpg
  皆既食特有の赤い月が現れました。 この後は強風と雪でしばし撮影不能となりました。

e0070545_9272447.jpg
  風が止んで空が晴れてきました。 月が落とした光のぶんだけ、静かさを増したような空が広がりました。

e0070545_932857.jpg
  冬の星座、オリオンとの共演です。 月右横の>並びの星座はおうし座、明るい橙星は大好きなアルデバラン。

e0070545_9454225.jpg
  満月の夜なのに天の川さえ眺む夜。  春の空は近く、夏の空は広い。 秋の空は高く、冬の空は‥ ああ 遠い。


                         ※写真はクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2011-12-11 09:16 | | Comments(10)
小さき子ら‥
e0070545_5121763.jpg
e0070545_5125091.jpg
e0070545_5132415.jpg


  仕事前の一時を、今朝も姿を求めて川の近くを歩いてみる。

  待っているのは冬の渡りの小さな鳥たち‥ ジョウビタキ、カシラダカ、マヒワやマシコ、あるいはツグミ。
  この冬はもう12月だというのに、彼らの姿を少しも見ない。 

  例年なら探すことなく目に耳に飛び込んでくる、長い冬を慰めてくれる彼らの姿が全くないのだ。

  冬枯れの柳の枝に いつものように雀らが群れている。
  大きな飛翔力を持たない彼らは、いつも人の暮らしの側にいて、私の傍らを離れない。

  春の震災に棲家を追われたのは、彼らの仲間ももまた一緒であったろうと思う。

  誰か彼らに伝えたろうか‥ 啄ばむ草の実が、追われながら掠めた稲の穂が、もうひどく汚れていることを。

  なあ子らよ、もう知っているといってくれ。 そして行けるものなら‥どこか安らかな土地へ飛んで行け!


                   
                         ※写真はクリックで拡大いたします。  
[PR]
by moraisan | 2011-12-10 05:59 | いのち | Comments(6)
初雪‥

  前日わずかにちらついた雪が、翌朝薄い積雪に‥ 初雪となりました。
e0070545_234768.jpg
  穏やかな景色をぼんやり眺めていた出勤10分前、にわかに雪が勢いづいて‥

e0070545_2393542.jpg
  慌ててカメラを手にして外に飛び出しました。

e0070545_23113819.jpg
              見慣れた柿の木や竹林が、雪との対比でいつもと違った景色に見えます。

e0070545_23264722.jpg
  この辺りの柿の木は桜と同じ様に『墓守り』として残されたのでは‥と思います。 尋ねたことはないのですが。


                        ※写真はクリックで拡大いたします。

おまけ‥
[PR]
by moraisan | 2011-12-04 00:17 | 自然 | Comments(8)