<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
里桜‥  染井吉野など

  山里の桜が一斉に咲きました。   
e0070545_7161739.jpg
e0070545_21535728.jpg
  開花を待っていたのは人ばかりではないようです。 この鳥もまた‥ どこに隠れているかおわかりですか?


  春が来るたびに 毎年同じ桜を訪ねて歩きます。
e0070545_7214447.jpg
               最初に目指すのはこの桜です。 どの桜も十八度目の再会です。
e0070545_7363763.jpg
     どの木にも、向き合う正面があると思っています。 この木の正面はここ‥ 私は そう思っています。


e0070545_7405410.jpg
      そのすぐ隣にある枝垂桜です。 この木の下は花のシャワー 滝のように花を降らして見事です。
e0070545_7455876.jpg
          季節がせかすのでしょうか‥ 咲ききらぬ花と一緒に、葉が展開し始めていました。


e0070545_1228560.jpg
          畑地の端に植えられた桜です‥ 先人も鍬を持つ手をしばしば休めたことでしょう。
e0070545_12325585.jpg
                 私の訪ねる桜の中でも 一番花色鮮やかな一本です。

里桜と私と‥
[PR]
by moraisan | 2009-04-21 23:09 | 山野草・樹木 | Comments(10)
唐松咲く‥

  早朝の山窪‥ 唐松の梢がまず朝日に染まります。
e0070545_12393798.jpg


  見れば今年は花数が多いようだ、やはり昨夏の少雨のせいなのだろうか‥
e0070545_12495063.jpg
                                   小さな花はもうすでに 松ぼっくりの形をしています。



                       ※写真はクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2009-04-18 13:07 | 山野草・樹木 | Comments(12)
忘ら梅 (わすらうめ)‥

  山里の斜面には いつの間にか人に忘れ去られたように咲く そんな梅の木が多くあります。
  忘ら梅‥ こんな日本語があるわけではなし、私的な造語です。 不適切はお許しください。
e0070545_22484834.jpg
         枯れ残っている大ぶりの梅の実が、かつては人の糧でもあったろうことを思わせます。

e0070545_22391884.jpg
    徒長枝を伸ばす勢いは失ってしまったのだろうか、それともこれが本来の野生だろうか‥ 心惹かれます。

e0070545_23155188.jpg
       次に傍を通る時、もうこの花たちはないのだろうな‥ 夕日の中に輝く花に 別れを告げました。


                     ※写真は全てクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2009-04-15 23:28 | 山野草・樹木 | Comments(6)
田打桜‥ コブシ

  田打桜、種まき桜‥ 桜(山桜)より早く春を告げるこの花に、田畑を始めた様子がうかがえます。

e0070545_081936.jpg
     連日の高温に急に急ぎだした山の木々。 沈みゆく夕日と競争しながら コブシのもとへ急ぎます。

e0070545_0173930.jpg
         これは一番近いコブシの木。 純白の花が夕日に染まり、ほんのり桜色に見えました。

e0070545_0244994.jpg
        この木は見上げるように高いので、大ぶりなその花が、まるで小さな花叢のように見えます。

e0070545_0352329.jpg
                  まだどこにも傷みのない花‥ 今日いっせいに開いたようです。

e0070545_0431177.jpg
  最後は近くで一番見事に花をつけた一本。 急斜面に立つこの木には、残念ながらロープなしでは近づけません。



         ※画が細かすぎて解像感が出せません。 よろしければクリック拡大でご覧ください。    
[PR]
by moraisan | 2009-04-14 01:19 | 山野草・樹木 | Comments(8)
カタクリ‥  春・林床

  この春の林床‥ 目を凝らして見ても カタクリの姿はめっきり少なかった。
e0070545_752472.jpg
  林は移ろうものだから、随分木々の大きくなったここでは、カタクリも姿を潜める頃なのかもしれない。
e0070545_7125894.jpg
  群咲く場所はほとんどなく、一輪二輪と静かに咲くのを 探しながら歩いて廻る。
e0070545_7172987.jpg
  ようやく三輪。 カラマツの松ぼっくりが、なにやらしたり顔で話していたのは‥ 林のさだめか、過ぎた秋冬。

カタクリと鹿‥
[PR]
by moraisan | 2009-04-12 08:16 | 山野草・樹木 | Comments(2)
タンポポ・ロード‥    (西洋タンポポ)

  小さな農道さえ舗装されてしまって久しいけれど‥
e0070545_7315475.jpg
                 初夏のような日差しの下で、今年も始まるタンポポ・ロード‥

e0070545_7361245.jpg
                                            この花が この道を歩くことを選ばせる。



                         ※写真はクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2009-04-11 07:56 | 山野草・樹木 | Comments(4)
アズマイチゲ‥

  昼下がりの谷間‥ 今年最初の出会いは、名前のどおりの ただ一華。
e0070545_5465915.jpg
  強い直射の下で咲く真白い花はまぶし過ぎて、さてどう撮ったものかと思案する。

e0070545_5555877.jpg
  蕊から花粉まで、まったく何から何まで白いのだもの。 おまけに背後は雪融けに崩れた赤土斜面ときている‥

e0070545_624755.jpg
  吸い上げた水の張力だけで立っている‥この花もスプリング・エフェメラル。 やがて痕跡も残さずに融け消える。



                      ※写真は全てクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2009-04-08 06:39 | 山野草・樹木 | Comments(10)
壇香梅

  今年もこの花と共に、林の春は始まりました。
e0070545_17171749.jpg
  前日降った雪で八ヶ岳は新しい化粧をしたし、北西の風の冷たい日でした。          (撮影4月2日)
e0070545_17224820.jpg
  風を避けるように斜面に寝そべって、流れる雲を見続ける‥
e0070545_17595475.jpg
                      飽きることのない‥ 時間が過ぎていく。
e0070545_1834261.jpg
  私は 今年もこの花を待ったのだろうか‥
e0070545_1842652.jpg
                                         ‥足は迷うことなくたどり着いていたけれど。   
e0070545_1852279.jpg
  そうであるならば しようがないな‥
e0070545_18135517.jpg
                                                    ‥始めよう またこの春も。
e0070545_18335753.jpg
                花は 天(そら)に向かって咲きながら 続いているような気がした。



                        ※写真は全てクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2009-04-04 19:29 | 山野草・樹木 | Comments(8)