<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
風・旅立ち・柳絮‥ バッコヤナギ
  少し高いところを吹く風に、なにか混ざって流れていく‥ それは柳絮(りゅうじょ)でした。
e0070545_3363480.jpg
e0070545_3374017.jpg

  標準和名はヤマネコヤナギ、でも『ばっこ(婆っこ)やなぎ』の呼び名が好きです。

  カワヤナギ(ねこやなぎ)と違って大きな木になり、写真のものも樹高は10メートルほどあります。
  柳絮(りゅうじょ)とは柳の種子の纏う綿毛のこと、風に流れる様そのもののような響きです。
  この季節綿毛を風に任せて飛ぶ種子ならタンポポが代表でしょうが、柳の種子はずっと小さくて判然しないほど‥
  ぶら下がって飛ぶのではなく、綿毛そのままの性質で 風に運ばれ旅立っていきます。 


          ※ちょっと分かりづらいですね‥ クリック拡大してご覧ください。
[PR]
by moraisan | 2008-05-30 04:35 | 山野草・樹木 | Comments(14)
まばたきの記憶‥
  たくさんの風景に出逢ってきて‥
  足元にあったり、時に見晴らしたり、また見上げたりしたそれらが、私の生きることへの憧れであったと思う。
e0070545_1913571.jpg
e0070545_1915348.jpg

               今日また出逢い シャッターを切るのは‥ それを まばたきの記憶として。


                       ※写真はクリックで拡大致します。
[PR]
by moraisan | 2008-05-24 20:12 | まばたきの記憶 | Comments(10)
ゲンジスミレ
  気がつけば一ヶ月もブログの更新を怠ってしまいました。
  その間にも季節は進み、咲く花も山の色もその時間の分だけ変わりました。
  
  数あるスミレの中で一番好きなこの花で、再開とします。
e0070545_1381190.jpg
e0070545_1395314.jpg
e0070545_140475.jpg

  ゲンジスミレは全体にか細い印象のスミレです。 日向を好み、崩落した斜面のむき出しの土にも良く見ます。
  手持ちの古い図鑑によれば、岩手県、群馬県、山梨県、長野県、岡山県、そして四国の愛媛県とあります。
  随分と変わった分布をするものだと思いましたが、いつの間にか待ち焦がれる花となりました。

  スミレの仲間は種類も多くて、年を経ても見分けが難しいと思ったものでした。
  このスミレの名を知った頃から、少しその世界が開けた‥ そんな気がしています。
  
 

ちょっと気になるスミレたち‥
[PR]
by moraisan | 2008-05-15 07:28 | 山野草・樹木 | Comments(14)