<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
カタクリ‥ 春妖精

  カタクリは代表的なスプリング・エフェメラルのひとつです。
e0070545_575389.jpg
e0070545_593069.jpg
e0070545_5103054.jpg
e0070545_5112885.jpg
            曇り日の肌寒く暗い林床の空気さへ、この花が明るませ染めます。

e0070545_5201797.jpg
e0070545_5211339.jpg
         小沢を流れる谷の林は、外より数度も気温が低くて、まだ半数ほどは蕾のままでした。

                     ※写真は全てクリックで拡大いたします。 

この花について‥
[PR]
by moraisan | 2008-04-15 06:42 | 山野草・樹木 | Comments(16)
林の朝‥ ヤブカンゾウ

  仕事前の散歩道。その短い時間にも、林に朝日が差し込むようになりました。
e0070545_2202669.jpg
  春早く芽吹くヤブカンゾウが、素直に伸びをしています。
  この花が咲くのは盛夏‥ それなのに随分早く準備を始めるものだから、
  毎春一番に出会いながら、しばしの間忘れるのが習いです。


                       ※写真はクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2008-04-10 22:42 | 山野草・樹木 | Comments(10)
ノキシノブ(軒忍)
  
  今はもう、随分花の姿も目にするようになりました。
  これは少し以前の写真です。日陰に雪が残る頃、まだ緑のない頃に、このシダは目に鮮やかでした。
e0070545_21302385.jpg
e0070545_21321563.jpg
  この辺りは日本列島の背骨があちこち露出しています。 その岩の細かなリス(割れ目)に根を張って‥
e0070545_21471445.jpg
  時にはゆらと立ち上がっていて目を惹きます。
  葉の下に行儀良く並んだ胞子の袋が、この草がシダの仲間であることを教えてくれます。

  このシダが普通に生えた、茅葺屋根の軒は今はすっかりなくなりました。
  十分な湿りがあるときだけこうして青くありますが、乾けばカサと丸まって忍(しのぶ)日が続くといいます。
  昨夜からの春固めの雨‥ 今日はさぞかし伸びやかにしている姿を思うのでした。

                    ※写真は全てクリックで拡大いたします。

おまけです‥
[PR]
by moraisan | 2008-04-08 22:28 | 山野草・樹木 | Comments(8)
衣更え  ‥イヌコリヤナギ
  外套を脱いだヤナギの花は、何だか自在に動きだしそうです。
e0070545_5512489.jpg
e0070545_5522688.jpg
e0070545_5533178.jpg

























                                              

                                                    ‥ほらね^^

気がつけば‥
[PR]
by moraisan | 2008-04-06 06:54 | 山野草・樹木 | Comments(12)
山笑う‥ ダンコウバイ(壇香梅)
  雪が消えた林の路を、カサガサと落ち葉を鳴らしながら歩く。
  この坂を登り上がれば‥ はやる気持ちの先にダンコウバイ。 弾む息のままに笑う^^
e0070545_6115919.jpg
e0070545_613138.jpg
e0070545_615924.jpg

  私の住む山里で、春一番の木の花は このダンコウバイです。
  毎年咲くということに、これほど胸を高鳴らすのは何故なのでしょう。

  花を終えてしまうと、やがてこの木は深い緑の中に目立つこともなくなります。
  そして秋も深まった頃、その葉を鮮やかな黄色に染め上げて、春までのしばしの別れを告げます。




                    ※写真は全てクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2008-04-01 06:43 | 山野草・樹木 | Comments(20)