<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
木々芽吹く ‥ヤナギたち
  この春に見つけた散歩道は、大好きなミソサザイの棲む小沢。
  巣作りに忙しく、運ぶ青苔が随分大きく見えるのは、彼らの体がめっぽう小さくて、その上地味な体色ゆえだ。
  ミソサザイの声に聞惚れて近づいたものだから、この日は頭上の芽吹きに気づくのが遅れてしまいました。
e0070545_73627.jpg
e0070545_741939.jpg
e0070545_745593.jpg
  まだ所々に雪を残している沢路ですが、一段高い梢には春が一足早いようです。  (ネコヤナギ)

  そうなればやはり気になるのは川縁で、千曲川の側を探してみれば‥
e0070545_71291.jpg
e0070545_7124746.jpg
e0070545_7133353.jpg
  ありました! こちらはイヌコリヤナギです。
  山の猫(ネコヤナギ)はふっくら丸いのですが、川の犬(イヌコリヤナギ)はちょっと毛並が貧相で、
  鼠のようにも見えたのでした^^


                     ※写真はクリックで拡大致します。
[PR]
by moraisan | 2008-03-29 07:43 | 山野草・樹木 | Comments(13)
女神と光 ‥クナウノンノ(福寿草)
  アイヌの民の物語‥ クナウは美しい霧の女神の名前。
e0070545_23463642.jpg
e0070545_2347295.jpg
e0070545_23472813.jpg
  雪下から切ないほどに茎を伸ばしたこの花だけれど、その開花には光は無用なのだと言う。

e0070545_23535989.jpg
  太陽は東‥斜面の上方にあるから、花は皆そちらを向いている。

e0070545_23593526.jpg
  日は中天から‥

e0070545_014049.jpg
  そして西へと転じれば、実に素直にこの花はそれを追う。

e0070545_05525.jpg
  温度さへあれば、暗闇でもこの花は咲くのだという‥ それは確かな科学ではあろう。
  でも思う‥ 『光』とは何を指す言葉だろうか? それは単に『明かり』のことではあるまい。
  この花が求めたもの、そしてこの花もまた 『光』だと。


                    ※写真はクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2008-03-22 00:41 | 山野草・樹木 | Comments(10)
福寿草 ‥野仏と
  戸数十数戸ばかり‥ 山深い里に福寿草を訪ねました。
  目指した場所は まだ雪の下にそれを眠らせていましたが、
  日当たりの良い斜面の野仏の周りに、早咲きの花を見ることができました。
e0070545_134375.jpg
e0070545_136581.jpg
e0070545_1404721.jpg
e0070545_1411289.jpg

  野仏もこの花たちも同じ日差しを仰いでいるようで‥ まず向いて、そして振り返って手を合わす。


                    ※写真は全てクリックで拡大致します。
[PR]
by moraisan | 2008-03-10 06:49 | 山野草・樹木 | Comments(15)