2017年 04月 19日 ( 2 )
大好きな花‥ あずまいちげ

  漢字で書けば東一華。 何ともさっぱりした名をつけたものだと思う。

  以前この花を記事にした時に、この花は春を約束するのだと書きました。
  これほど気候が変わってしまい、木々草花の咲き順が以前と変わってしまっても‥ この花は不変。
  もう強い霜は降りないし、積もるような雪は去りました。 そう私は この春も信じて少しも疑いません。

e0070545_03285556.jpg
  こんな高い山里にも初夏の陽気がやって来ましたから、この花でさえ振り乱す勢いで咲いたのだと思います。

e0070545_03355783.jpg
  私は花を人に例えたりはしません。 ただその花を見る時に思い浮かぶ顔があったりはします。

e0070545_03395334.jpg
  この花に重なるひとりの友の顔があります。 だから私にとってこの花は その友の笑顔と共に咲く花です。



                         ※写真はクリックで拡大いたします。


.     
[PR]
by moraisan | 2017-04-19 04:09 | 山野草・樹木 | Comments(2)
堅香子‥ かたかご

  堅香子‥ いうまでもなくカタクリの古語になる呼称。
  その名に由来や意味を知るのもおもしろいのだけれど、それよりはただその音にこの花が重なる。
  本来それ自体に音は無いのに 風の音を知った時のように、私はこの花の名を知ったような気がする。

e0070545_21190480.jpg
  その年初めて逢う花のそれぞれは特別だと思う。 この時のために生きてきたたような気がしたりするから‥

e0070545_21291262.jpg
  ほんの一日、この場所に立つのは早かったのかもしれない。  まだ開ききらぬ花が多い。


e0070545_21324474.jpg
  ただそんな思いはすぐに消えてしまう。


e0070545_21503996.jpg
  鳴く鳥の声と、時折聞こえる姿の見えない足音。  静寂の持つ豊かさの中にひとり。


e0070545_22561619.jpg
  花はそれぞれの場所で


e0070545_22573530.jpg
  それぞれの時が流れているのだとでもいうように、思い思いに咲いているように見える。


e0070545_22544138.jpg
  そこで光と戯れては遊び‥


e0070545_22570201.jpg
  風に揺れては笑い‥ そうして咲いているように見える。



                         ※写真はクリックで拡大いたします。




.
[PR]
by moraisan | 2017-04-19 02:56 | 山野草・樹木 | Comments(0)