ナンバンハコベの実
e0070545_21144126.jpg

          小さな山野草も、実りの秋です。



この草が、南蛮渡来なのかどうかは知らない。
でも、ナデシコ科の植物にはそんな趣のあるものが多い気がする。
ただ、私がこの実を見て思い出すのは、いつも山形の小茄子‥

小さな山野草たちは実りを急いでいるようだ。
実りや紅葉の鮮やかさとは裏腹に、秋は枯れ行く季節でもある。
今はこの季節がもっとも好ましい‥少しは歳を重ねられただろうか?

花はこちらe0070545_21151012.jpg
[PR]
by moraisan | 2005-09-11 21:17 | 山野草・樹木 | Comments(2)
Commented by mogutre at 2005-10-28 10:33
この実、羽根つきの羽根みたいで可愛いですね。
TB有難うございます。
Commented by moraisan at 2005-10-29 12:26
mogutreさん、こちらこそおおじゃましました。
すっかり枯れているようでも、散歩道に数輪ずつ花が残っていたりします。今はきれいな実が残っている姿を見ることはできません。


<< 見上げる 気持ち ウド >>