ゲンジスミレ
  気がつけば一ヶ月もブログの更新を怠ってしまいました。
  その間にも季節は進み、咲く花も山の色もその時間の分だけ変わりました。
  
  数あるスミレの中で一番好きなこの花で、再開とします。
e0070545_1381190.jpg
e0070545_1395314.jpg
e0070545_140475.jpg

  ゲンジスミレは全体にか細い印象のスミレです。 日向を好み、崩落した斜面のむき出しの土にも良く見ます。
  手持ちの古い図鑑によれば、岩手県、群馬県、山梨県、長野県、岡山県、そして四国の愛媛県とあります。
  随分と変わった分布をするものだと思いましたが、いつの間にか待ち焦がれる花となりました。

  スミレの仲間は種類も多くて、年を経ても見分けが難しいと思ったものでした。
  このスミレの名を知った頃から、少しその世界が開けた‥ そんな気がしています。
  
 



  
  私の身近にあって、印象的なスミレのいくつかをご紹介しましょう。 
e0070545_2214662.jpg
  春一番、三月の内にも咲くことのあるアオイスミレ。 フタバアオイに似るその葉は花に遅れて出ます。

e0070545_2255486.jpg
  名前の通り日陰を好むヒカゲスミレ。 葉も花もゆったり大きくて、全体に荒い毛があり頑丈な感じです。

e0070545_231113.jpg
  このスミレを見るのはいつも林の中。 皺の多い葉は柔らかな印象、野趣を強く感じるイブキスミレです。

  

                    ※写真は全てクリックで拡大致します。
  
[PR]
by moraisan | 2008-05-15 07:28 | 山野草・樹木 | Comments(14)
Commented by namiheiii at 2008-05-17 09:50
いやあ、こんなに多くのスミレを的確に見分けられて感服してしまいます。それにしてもスミレの種類は多いのですね。ゲンジスミレは初めてです。
Commented by moraisan at 2008-05-17 18:15
>なみへいさん、こんばんは。
姿かたちの違いばかりを見ようとしていた頃は全く見分けがつきませんでした^^;
今は‥ぼんやりと感じる雰囲気でしょうか、身近なものは分かるようになった気がします。
ゲンジスミレはマルバスミレの亜種のような位置づけですが、印象は随分うと思うのですが‥いかがでしょうか?
Commented by mayumis39 at 2008-05-17 23:59
すみれはあまりにもたくさんの種類がありすぎて、区別がつきません。
葉っぱが、丸いか細長いかくらいの違いしかわからなくて、
結局は、すみれはすみれで、かわいいからいいじゃないの・・・と、
すみれの季節になると、友人とそんなところに話が落ち着きます^^
Commented by moraisan at 2008-05-18 00:33
>mayumis39 さん、こんばんは。
基本種だけでも数十種、多くの亜種、変種を加えたらどのくらいになるのでしょう^^;
私は花たちを場所で覚えていることが多いのですが、名前を知ると少し頭の整理ができた‥かな^^
隣人の名前が知れて、少しホッとしている感じなのかもしれませんね^^
Commented by 茜未 at 2008-05-18 00:52 x
色々なスミレがありますね~
うちの近くではなかなか見つけられません(>_<)
Commented by moraisan at 2008-05-18 07:12
>茜未さん、おはようございます。
里のスミレはそろそろ終わりでも、谷間の日陰ではようやく、高山のものはこれからです。
スミレは種類が多いので長く?見ることができて、どれもがまぎれもなくスミレ型の花‥
それがかえって難しくしているかもしれませんね^^
Commented by 74mimi at 2008-05-18 13:46
まぁ~ 珍しいスミレばかり・・・
ゲンジスミレは気品がありますね。
みなそれぞれに愛らしく美しいです!
枯れ葉の中から顔を出して健気ですね。
Commented by ironsky at 2008-05-18 22:36
一口にスミレといっても、いろいろあるものなんですね。
現時スミレの分布、おもしろと思いました。
何でこんな分布になったのか、ちょっと興味があります。
Commented by moraisan at 2008-05-19 05:32
mimi さん、春が終わろうとしています。
ゲンジスミレ、きりっと引き締まった感じに惹かれます^^
時や場所を選んで咲き分けるスミレたち‥ 歳を重ねるほどに好きになる花です^^
Commented by moraisan at 2008-05-19 05:45
>ironsky さん、おはようございます。
身近なところにも様々なスミレが咲くことを知ったのは、ごく近年になってからです。
ゲンジスミレの咲く場所に、たまたま暮らすこと‥ ちょっと感じる幸運です^^
Commented by sakusaku_fukafuka at 2008-05-19 21:23
スミレは種類が多くてさっぱりわかりませんが、春になると一世に咲き出しますよね。
Commented by KATEK at 2008-05-20 06:26
こんにちは。スミレを山や道端でみつけるとなんとなくうれしくなります。つつましい感じがあるからでしょうか。ゲンジスミレという花は初めて見たようなきがします。小さな花なのに微妙な色合いが見られて立派な感じさえしますね。陽だまりのスミレ見に行きたいなぁ・・・
Commented by moraisan at 2008-05-20 20:33
>sakusaku_fukafuka さん、こんばんは。
そうですね^^ そんなスミレたちも咲く時期や好む場所が微妙に違っていたりします。
私も何度も諦めかけましたが‥ 身近なだけに、知るほどに楽しくなる春の野山ですよ^^
Commented by moraisan at 2008-05-20 20:41
>KATEK さん、こんばんは。
車通りの少ない田舎道なら、舗装の割れ目にさえ咲き並ぶのを目にします。
ゲンジスミレは葉裏が紫‥紫式部‥源氏物語‥ゲンジスミレとか。
植物和名には首を傾げたくなるものが多いですが、雅な感じのある この花ではあります^^


<< まばたきの記憶‥ カタクリ‥ 春妖精 >>