福寿草 ‥野仏と
  戸数十数戸ばかり‥ 山深い里に福寿草を訪ねました。
  目指した場所は まだ雪の下にそれを眠らせていましたが、
  日当たりの良い斜面の野仏の周りに、早咲きの花を見ることができました。
e0070545_134375.jpg
e0070545_136581.jpg
e0070545_1404721.jpg
e0070545_1411289.jpg

  野仏もこの花たちも同じ日差しを仰いでいるようで‥ まず向いて、そして振り返って手を合わす。


                    ※写真は全てクリックで拡大致します。
[PR]
by moraisan | 2008-03-10 06:49 | 山野草・樹木 | Comments(15)
Commented by saheizi-inokori at 2008-03-10 10:36
春の野山が呼んでいる!
Commented by 74mimi at 2008-03-10 13:30
まだ冷たそうな空気の中のお花の色が
暖かい春の知らせを持ってきたのですね。
野仏さまの微笑んでいますね。
Commented by moraisan at 2008-03-10 20:36
>saheizi-inokori さん、こんばんは。
春遅い山里にも、ようやく春の気配です^^
この集落は1000メートルをゆうに越えているのですが、八ヶ岳からの涼風が心地よいほど暖かな日でした。
Commented by moraisan at 2008-03-10 20:46
>mimi さん、空気は春の匂いです。
枯葉を持ち上げて来るもの、じっと地面に張り付いて耐えたもの、木々の中にも水を吸い上げたものもあって、
すっかり地面から立つのも、風が運ぶのも春の匂いとなりました^^
この耕作地も狭い集落は、人の数の増えようもなかったと思われます。
ただ誰が刻んだものやら、人数に勝ると思うほどの石の仏が散在しています。
Commented by ironsky at 2008-03-10 22:16
福寿草の黄色は、元気が出ますね。
背の低い福寿草が、太陽の光を一杯に浴びて咲いている姿、とてもけなげです。
Commented by yu_ra-ra at 2008-03-11 00:02
地を割って咲いている、福寿草の輝く黄色、生命のきらめきですね^^
青い空に、野仏に、福寿草の取り合わせ、こころがまっすぐになるようです^^
Commented by moraisan at 2008-03-11 06:59
>ironsky さん、おはようございます。
雪が消えた斜面にいきなり見つける黄色い花の喜びは、幾度繰り返しても鮮烈です。
落ち葉の下をさぐってみれば、地面はまだあちこち凍みていて、そのことにまた驚きます。
Commented by moraisan at 2008-03-11 07:11
>yu_ra-ra さん、おはようございます。
私のこころでは分かりようもないですが、『じっと待っていたいたものはこういうことだよ』と、
手のひらを広げて見せるように、この花は咲きます^^
Commented by namiheiii at 2008-03-12 09:53
野仏と福寿草、床しい取り合わせですね。よくこんな場所をご存知ですね。野山を歩いているmoraisanさんの姿を想像してしまいます。福寿草も畑に植栽されたものと違って野趣横溢して見えます。
Commented by moraisan at 2008-03-12 17:49
>なみへいさん、こんばんは。
同じ町の隣の集落ですが、山谷が分かつので、片道数キロ‥歩く身には足繁く通う場所ではありません。
福寿草の群落がこの近くにあるのを数年ぶりに訪ねましたが、そこはまだ雪に覆われていました。
この野仏と福寿草を同時に見るのは初めてで、思わぬ喜びとなりました^^
どこに咲いても良い花ですが、やはり野の花は野にある時が‥また群落もお見せできたらと思っています。
Commented by KATEK at 2008-03-18 08:00
ご無沙汰してしまいました。ほっとする陽だまりに,野仏・福寿草。柔らかい葉っぱと土のなかにあたたかい空間。野仏はなぜこんなに心惹かれるのでしょう。小さい頃見た空を思い出しました。
Commented by moraisan at 2008-03-20 23:46
>KATEK さん、こんばんは。
お返事が遅くなりました。野仏の光背には『明和九年』(1772年)の文字が読めます。
風雪にさらされる仏の像は石であること‥ 石に託した思いと、繰り返されただろう花のいのちに、
普遍を見るのかもしれませんね^^

Commented by 閑 独九里 at 2015-12-09 14:14 x
福寿草と野仏のいるのどかな山里ですね。素敵なロケーションなので自分でも訪ねてみたいと思います。差し支えなかったら詳しい場所を教えて頂けますか?よろしくお願いいたします。
Commented by moraisan at 2016-01-07 01:10
>閑 独九里さん、はじめまして。
長らくブログも更新しませんでしたので、お返事もせず申し訳ありませんでした。
標高1000メートルにある静かな集落です。北緯36度6分、統計38度29分辺り‥ 私有地でもありますから、ここまでの情報でお許し願いたいと思います。
Commented by 閑 独九里 at 2016-01-09 15:21 x
貴重な情報ありがとうございます。野仏が福寿草に囲まれる頃訪れてみます。私有地という事なので、立ち入りには許可をもらうようにします。


<< 女神と光 ‥クナウノンノ(福寿草) なつめ‥ 棗 >>