盛夏‥ ヤブカンゾウ
  ウツギの白花に気づいた夏は、いつの間にか盛夏となって‥ 
  夏に色があるとすれば、この花の色など 盛りの夏の色だと思ったりします。

e0070545_1434834.jpg
          田んぼの稲はそろそろ穂孕みの気配‥ そういえば もう立秋が近いのですね。

  熱があるかの その花色は、雨に冷めることもなく‥
e0070545_1554421.jpg


  濡れてなを‥
e0070545_1571651.jpg

  涸れてもなを‥e0070545_1594331.jpg


































  ※全ての写真は、クリックで拡大します。  
  データが重くなりますが、今後はそのようにしたいと思います。 よろしければご覧ください。





  
  蕊が花弁に姿を変えるこの花は、実を結ばぬかわりに 一心に花色を燃やすだろうか‥
  それとも太陽が 自らの火種をあたえたろうか‥ 炎のように身をよじるこの花を 私は毎年待っています。
  
e0070545_2323027.jpg
  ただ  時には写真のように蕊数を残したものも‥ 
  こちらは姿も静かで、ごく近縁のノカンゾウ、禅庭花の趣をただよわせています。
  
[PR]
by moraisan | 2007-08-04 03:16 | 山野草・樹木 | Comments(20)
Commented by saheizi-inokori at 2007-08-04 07:42
本当にそういわれてみると夏の間太陽を吸い尽くしていたかのようです。
Commented by moraisan at 2007-08-04 23:58
>saheizi-inokori さん、こんばんは。
長かった梅雨空、早かった台風の到来、七月からヒグラシが良く鳴いて‥
ようやく夏らしい日が、高原のこの地方にも訪れようとしています^^
Commented by KATEK at 2007-08-05 06:36
カンゾウの花,じっくりながめてみたことはありません。確かに短い命で,「華麗に」咲く花ではありませんよね。でも石のたたずまいとカンゾウの花のよく似合うこと。風雨にさらされても立ち続ける石と瞬間に花咲くカンゾウ・・・たんぼの稲がきれいです。
Commented by 髭彦 at 2007-08-05 10:41 x
ご無沙汰しています。
今年のヤブカンゾウの写真も素晴らしいですね。

信濃路の深き色にぞ八重に咲くヤブカンザウに憂ひ忘るる
(060718日々歌う)
これは、去年のmoraisanさんのヤブカンゾウの写真を見て詠ったものです。

色強きヤブカンザウの八重咲けばもの狂ほしき画家の目となる(070711日々歌う)
これは、今年、小石川植物園でヤブカンゾウを見て詠ったものです。
写真も撮りました。
moraisanさんの影響があるかもしれません。
http://blog.goo.ne.jp/nazohige/e/4f552dda85c35261893087ff5a34e35d
Commented by masue-robin at 2007-08-05 20:39
ヤブカンゾウの色のせいでしょうか
きっとそうだと思います。
緑がよりいっそう緑色にみえて清々しいです。
Commented by namiheiii at 2007-08-05 21:47
この石は何でしょう?墓石ではありませんよね。見沼のはずれの田んぼの中に傾いた墓石が数個あって享保何年とか刻まれています。もうすぐ盆ですね。また行ってみよう。盆花が供えられているかも知れぬ。
Commented by moraisan at 2007-08-05 23:23
>KATEK さん、こんばんは。
一日花のカンゾウと、だいぶ風化の進んだ石‥ 毎年変わりないように咲く花と、少しづつ変わり続けた石。
変わることを受け入れている花と、変わらぬことを託された石と‥
相反するようでもあり、寄り添うようでもあり‥ 『似合っている』 言葉を頂いた気がします^^
Commented by moraisan at 2007-08-05 23:41
>髭彦さん、こんばんは。
リンク先のヤブカンゾウ拝見しました。ずいぶんご無沙汰してしまいました。
この間を辿らせていただいて、多くの写真も拝見して‥ 写真、お見事ですね。 ‥ちょっと唸ってしまいました^^;
Commented by moraisan at 2007-08-05 23:47
>masue-robin さん、こんばんは。
ちょうど花色と、背景の緑は補色関係‥ 互いにその色を強めあったようです。
夏という季節自体が、そんな時間なのかもしれませんね。
Commented by moraisan at 2007-08-05 23:57
>なみへいさん、こんばんは。
断りなく立ち入れる場所ではないので、確認はしていませんが、墓石ではないと思います。
近隣他所から想像しますと、おそらくは馬頭尊碑ではないかと思います。
この辺で古い墓碑は、大きな木の根方にあることが多いようです。
Commented by mmamacat at 2007-08-06 06:10
美しい強烈な色のお花を見ながら
空気の美味しさを感じました。 
このような処で一人佇んでみたいです・・・
Commented by ironsky at 2007-08-07 20:21
お久しぶりです。
長崎の旅行していたので、ちょっと遅くなってしまいました。
カンゾウ、夏の色ですね。
今年は梅雨が長いなんて言っていたのですが、気がついたらもう盛夏です。
ギラギラするような太陽、実は大好きなんです。
ビールが美味しくなるもので。(笑)
Commented by moraisan at 2007-08-07 22:16
> mmamacat さん、短い夏です。
ようやく夏らしい日々の中におります。 でも朝夕は肌寒さも^^
大き目の花、強い色彩‥ なのに不思議に惹かれます。
花の咲く理(ことわり)が、実を結ぶことだけではないと‥ 思わせる花です。
Commented by moraisan at 2007-08-07 22:27
> ironsky さん、こんばんは。
こちらこそ急な休止、お訪ねもせずに、ご無沙汰しておりました。
夏がお好き‥ いつもエネルギッシュな ironskyさんを思います^^
私はどちらかといえば、激しい夏の日差しは苦手ですが^^; 夏しか会えぬものもありますよね。
でも夏の日のビールは好きですよ! 乾杯^^/
Commented by びわのたね at 2007-08-09 13:05 x
ヤブカンゾウ♪
こちらでは、線路沿いの人が入る事の出来ない草むらに沢山咲いていて
通勤途中に楽しませてくれています。
でも、田んぼの中に咲いている姿はなんて夏らしいのでしょう〜〜♪
Commented by moraisan at 2007-08-10 02:57
>びわのたね さん、こんばんは。
私の利用する単線のローカル線(小海線)の線路沿いにも多い花です^^
祀られた石、残されただろう花‥ 少し人が好きになる瞬間です。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2007-08-16 19:23
こんばんは。
夏ですね~~
大きく育った田んぼにはカンゾウが良く似合いますね。
こちらでもこの時期になると田んぼの畦道にはカンゾウが所々咲きます。
でも、このような美しいカンゾウにはなかなか出会えません。
Commented by moraisan at 2007-08-18 07:19
sakusaku_fukafuka さん、おはようございます。
低温冷夏かと思われた始まりでしたが‥ ひどい暑さでした^^;
先日友人と湯の丸高原を訪ねましたが、山の草花は10日以上遅れている感じでした。
ようやく写真も再開しましたが、整理が追いつかなくて‥ スローペースですが、これからもよろしくお願い致します。

ヤブカンゾウの季節も終わり、野山は秋の気配です。
Commented by atNOGAWAsec at 2007-08-19 23:54
酷暑ともいえる残暑ですが、一枚目の絵の涼しげな雰囲気に救われる感じです。東京の秋の気配はまだまだのようです。
以前リクエストのあったスミナガシにやっと会えました、8月19日UPしました。
Commented by moraisan at 2007-08-21 01:14
>atNOGAWAsec さん、こんばんは。
さそっくスミナガシを拝見してまいりまして、口吻に興奮冷めやらず‥^^;

朝夕はだいぶ涼しくなりましたが、日中の気温ははなはだ高くて身に堪えます。
故障修理を契機に、atNOGAWAsecさんと同じ一眼に持ち替えていますが、
発熱の多いA2では、この夏は撮影が無理だったかもしれません。


<< コマツナギ(駒繋ぎ) 夏告げる‥ ウツギ >>