木々、咲く‥ ダンコウバイなど
  まだ丸裸のように見える林‥ でも、地上の霜を避けた中空には ダンコウバイの花がこぼれ始めた。
e0070545_004783.jpg
  間違いなく、それは林に春が訪れた そう、Sign なんだ。
e0070545_045730.jpg
  近づくごとに‥
e0070545_072641.jpg
e0070545_08515.jpg
                                                        ‥私は嬉しくなる



  
  気がつけば、近くには‥ これはクロモジ
e0070545_0202553.jpg
e0070545_0205819.jpg

  こちらは、ツノハシバミ
e0070545_027723.jpg
e0070545_0273442.jpg
e0070545_028240.jpg
                                                 ‥もう林に淋しさはない
[PR]
by moraisan | 2007-04-06 00:37 | 山野草・樹木 | Comments(24)
Commented by nonacafe at 2007-04-06 03:29
何といとおしい木の芽いや木の花たちでしょう。
俗に汚れた小生の心にも希望の光が灯されたようで、
moraisanさん同様に、嬉しくなります。
(まだまだ快復できそう…かな?自分)笑
ツノハシバミ、初めて知ったような?山では普通の樹木でしょうか?この紅色にもう15分以上もくぎ付けになっています。
Commented by 夢喰い at 2007-04-06 20:08 x
ハシバミの雌花は酋長さんの飾りのようですよね。
私もこの春、ハシバミの樹を見つけたので、
実に出会えるかと今からドキワク♪です。

コチラはダンコウバイや黒文字の花は終わり、若葉が青々しています。
こうしてみるとちっちゃいようで日本は季節に幅がありますよね。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2007-04-06 21:01
こんばんは。
春ですね~~
ダンコウバイ、まだ緑も無い山に一際鮮やかですね。
Commented by mayaha at 2007-04-07 11:29
ダンコウバイの黄色のポンポンは芽吹きの始まったばかりの林を華やかにしますね~
ツノハシバミの新芽ってこんなにきれいなの~気がついていません(ーー;)
Commented by mayumis39 at 2007-04-07 14:28
寒さが行きつ戻りつしているうちにも、林の中には春が来ていますね。
遠目に見ているいつもの山も、だんだん赤みを帯びて春色になってきました。
嬉しいですね^^
Commented by moraisan at 2007-04-07 21:08
>nonacafe さん、こんばんは。
きっととても近い世代‥ そう感じるnonacafeさん^^
ほんの近い場所にある林、なのにそこで過ごせる時間は短くて‥ 
ツノハシバミはどこにでもある樹木です。
良く似たハシバミとは雌花が雄花より先端につくことで見分けます。
実もたいへん魅力的で、食用にもなりますが、山の鳥獣たちにも人気があるのか、すぐに姿を消すようです^^
Commented by moraisan at 2007-04-07 21:20
> 夢喰い さん、こんばんは。
小さな花ですが、とても目を惹く色形の花ですね。
ツノハシバミはハシバミより少し高い場所を好むようですが、この辺では混在します。
春の木々には花から始まるものも多いものですが、まるで春を創るために咲く‥ように感じます^^
Commented by moraisan at 2007-04-07 21:26
>sakusaku_fukafukaさん、こんばんは。
奧利根の山々はマンサクの花が咲く頃でしょうか‥ 雪の消えた里山ならダンコウバイも盛りでしょうね。
色を落とした景色に慣れた目に、この黄色はとても嬉しいものです^^
Commented by moraisan at 2007-04-07 21:34
> mayumis39 さん、こんばんは。
暖かな二月、三月初頭でしたのに、ここに来て寒の戻りが繰り返しましたね。
木々が水を吸い上げ、芽を膨らませた梢は、どんなに目を凝らしてもボウと霞んで見えます^^
林が夕闇に溶け込みずらく見えるのも、気のせいだけではなさそうです^^
Commented by moraisan at 2007-04-07 21:42
>mayaha さん、こんばんは。
たいへんご無沙汰しております^^; そちらはもう春も盛りのころでしょうね。
あまり大きくなる木ではありませんが、花を近くで見られる場所は限られるかもしれません。
これは斜面に切られた路下にある木なのですが、それでも木に身をあずけて乗り出すようにして撮っています^^
Commented by ran1005 at 2007-04-08 07:10 x
とてもご無沙汰しております
八ヶ岳はこの所すっかりご無沙汰しています
信州の春はもう少し先の気がしますが主人のお気に入りの安積野には少し早い春が見られますので最近はそちらにばかり出かけております
今年はまだダンコウバイ見かけていませんでした
サンシュウやマンサクは楽しみましたが・・・
大自然の春の訪れはやはり風情が違いますネ
私も拝見してとても嬉しい気がします!
Commented by moraisan at 2007-04-08 20:13
>ran1005 さん、こんばんは。
こちらこそご無沙汰しておりました。
時折新たな化粧雪を纏った八ヶ岳も、最近はぐっと春山らしく黒々したり、また霞んで見えたりします。
もう所によっては、林床にもまた木々にも花が咲いているようです。
あまり自由もきかず、どこにも出かけないので、身近な遅い春を楽しんでいます^^
やがて走り出す季節に、とうてい追いつけなくなるのが常ですが、マイペースで更新できたらと思います。
Commented by namiheiii at 2007-04-08 21:35
この里山は何方が管理しているのですか?もしかしてmoraisanさんでは?・・とても豊かな美しい山ですね。
ツノハシバミの雌花がとても印象的ですね。
Commented by atNOGAWA at 2007-04-08 23:09
こんばんわ。春の山は黄色から始まりますね、トップのダンコウバイの様に遠くからなんとなく、近づくほどに「そうそう、やっぱりね!」と思う春の林です。
芽吹きが始まり、木々の小枝が見えなくなるほどに森の香りも強くなってゆくように思います。
Commented by moraisan at 2007-04-09 00:29
>なみへいさん、こんばんは。
背後の秩父古生層の山々(茂来山を含む)を千曲川が削った段丘上の林です。
以前は山菜茸採り、薪炭林として人々が利用したようです。一部は開墾され畑地や山田として‥
今もわずかにその痕跡が残ります。
所有者は多く、一部は入会のほかは細かく分かれているようですが、ほとんど打ち捨てられた感じです。
私が移り住んだ当時(十数年前)は、部落(五十戸ほど)で林内の道を整備もしていましたが、今出会う人もまれです。
にもかかわらず、昔に村に申請した林道整備に今頃予算がついたりして、意味のない舗装工事がされそうです。
ゴミも打ち捨てる人も、土地所有者を含めて多く、林内は無惨な光景が増えています。
このような林への思いは、いつかお話してみたいと思います。
ただ、どんなに荒れ果てて汚されようと、多様ないのちが息づく限り、豊かさも美しさもあります。
我慢ならない悲しさ、怒りを感じたりもしますが‥ 総じてそんな時は盲目な自分だったりします。
Commented by moraisan at 2007-04-09 00:53
>atNOGAWA さん、こんばんは。
どこにもあったはずの里山の景色‥ 毎年待っては、安堵して^^
里山の良さは、きっと人の暮らしが関わった良さなのでしょうね。
季節ごとに変わる小さな光景を、たくさん思い浮かべながら、「やっぱりね」が欲しくて‥足を運ぶのかもしれません。
Commented by saheizi-inokori at 2007-04-09 10:21
月末に小淵沢に行くのが楽しみです。草花が歓迎の準備をしていてくれるようですね。
意味のない舗装とかこんなところに必要かと思うような公園が整備されて河が護岸工事で水管になっていたりするとほんとに腹が立ちます。
そうかと思うとテレビがすててあったり。
Commented by ironsky at 2007-04-10 23:24
枯れて茶色になったところに、黄色い花は目立ちますね。
はるがあちこちにやってきたという雰囲気でしょうか。
Commented by moraisan at 2007-04-11 21:20
>saheizi-inokori さん、こんばんは。
最寄鉄道、小海線は私には馴染みの路線です。
小淵沢はここより少し早い春が訪れていることでしょう。
遅れていたツバメの飛来を今朝確認して、少し安堵しています。
小淵沢も近年リゾート開発が進みましたが、甲斐駒や八ヶ岳は変わらぬ姿で迎えてくれるでしょう。
Commented by KATEK at 2007-04-11 21:30
こんばんは。毎日この写真を見続けています。だんだん視点が近づいていく感じが臨場感あふれているし,なんといっても木が生きている,そう思います。色がほんとうに素敵です。ありがとうございます。すてきな写真を見せていただいて。
Commented by moraisan at 2007-04-11 21:38
>ironsky さん、こんばんは。
新緑に先がけて、山には木々の花が彩りを見せる頃となりました。
毎年同じ路を辿っても、毎年少し違う風景に出会います。
さて、今年の春は‥ どんな春でしょうね^^
Commented by moraisan at 2007-04-11 22:06
> KATEK さん、こんばんは。
いつもありがとうございます。
その花に気づいた時から、見ることが始まります‥ 
それで、こういう連続した視線の写真が多いかも知れませんね^^;
生きることへの憧れ‥ つないでくれたのは、いのちの多様な姿です。
Commented by yu_ra-ra at 2007-04-15 16:44
ご無沙汰してます~♪
ダンコウバイって、きれいな花ですね^^黄色は春を告げる色ですね~♪
ちょっとサンシュユの花に似ていると思いました。
ツノハシバミって、なんて可愛いの!見てみたいです^^
Commented by moraisan at 2007-04-15 19:30
>yu_ra-ra さん、こんばんは。
こちらこそご無沙汰してます。時間と体力の欠乏に少しあえいでいます^^;
真っ先に春を告げてくれる花のひとつです。
見た目の似ているサンシュユはミズキ科、ダンコウバイはクスノキ科です。でも良く似ていると思います^^
ツノハシバミは珍しいものではないのですが、赤い雌花は小さくて目立ちません。
ハシバミの方が見つけやすいかもしれません。こちらは雌花が雄花より後ろにつきます。


<< 梅春 蕗・吹く‥ >>