撮らされた? 花 ‥オオケタデ
         もう二週間以上もこの花を見続けています。
e0070545_23253234.jpg
e0070545_23272221.jpg
e0070545_2327469.jpg


  古い民家の裏というのは、この家に限らず雑然と物が積まれていたりするものです。

  短く刈られたか抜かれたか‥周りの草の様子から、このオオケタデが残されたのは確かなようです。
  畑の真ん中などにも、一本きりでこの草が立っていたりするのも、同じような理由でしょう。

  私の目にはオオケタデしか映らなくても、写真というものはそこにあるものを写してしまうものです。
  そんな訳で、毎朝見ながら通り過ぎて日が経ったのでしたが‥ 
  その見事な立ち姿に、昨日は撮らされて?しまったようです^^
[PR]
by moraisan | 2006-09-08 00:17 | 山野草・樹木 | Comments(16)
Commented by saheizi-inokori at 2006-09-08 11:29
食パンかと思いました。
オオケタデ、あかまんまとは違うのですか?
Commented by gleybird at 2006-09-08 13:07
moraisanさんをして、撮らせてしまう・・・・・
んー、ただ者ではないですね、オオケタデって(笑)
毛の多いタデなんですか?
Commented by nonacafe at 2006-09-08 15:33
これはまた農家の軒先きになったオオカボチャかと思いました。(後ろの黄色)笑
それほどに見慣れてインパクトを感じないイヌタデのジャンボ版ですが
いやいやなかなかどうしてアップは美しいです。
さすがmoraisanさんの腕をみこまれて撮らされた写真ですね。
Commented by びわのたね at 2006-09-08 16:05 x
ずうっと会いたかった花に、「空の下 歩けば」で会えました♪
濃いピンク色もそのままに、立ち姿も立派て゛す・・・。
江戸時代はアサガオとならんで好まれた花のようです。
私も庭に植えたいですが、こちらでは何年も見かけません・・・。
会いたいです♪ オオケタデ♪
Commented by yu_ra-ra at 2006-09-08 23:10
なぜか最初に「オオタケデ」と読んでしまって、
なかなか「オオケタデ」に修正できませんでした。(笑)
背の高さといい、濃いピンクといい、インパクトのある花ですね。
アップで見ると、開いた花はかわいいですね。
きっと、撮らされてしまうオーラがあったんですね?!
Commented by mmamacat at 2006-09-09 08:19
この可愛らしいお花を見る喜びを分けて下さって・・・よかった!
お花全体の背景も 自然で美しいと思います。
Commented by moraisan at 2006-09-09 20:35
>saheizi-inokoriさん、こんばんは。
食パン?‥謎かけ?‥vsあかまんま‥^^;
アジア原産の帰化植物ですが、観賞用、薬用として来日したと言われています。
あかまんまは普通ずっと小さなイヌタデを指すようです。
Commented by moraisan at 2006-09-09 20:47
>gleybirdさん、こんばんは。
できるだけ背景が簡素になるアングルを探しましたよ‥実際、いろんなものが雑然と積まれてまして^^;
名前は大きな毛の多いタデの意味ですが‥ なんとかならんかい、と思いません?
Commented by moraisan at 2006-09-09 21:10
>nonacafeさん、こんばんは。
オオカボチャ^^;‥もしかして、saheizi-inokoriさんの食パンもこれのこと?
場所からして植栽ではなく、その家の方が残したんでしょうね。
草刈跡に美しい花の残してあったりすると、その気持ちはそれで嬉しかったりします^^
大きいですよ、大皿にも描けないほど^^
Commented by moraisan at 2006-09-09 21:55
>びわのたねさん、こんばんは。
それは良かった^^ やはり観賞用として親しまれた時代があったのですね。
一年草のせいでしょうか‥珍しくはないけれど、特定の場所もまたないようです。
今は人に忘れ去られた草花が、野山や荒地に根をはっています‥きっと会えますよ^^

Commented by moraisan at 2006-09-09 22:00
>yu_ra-raさん、こんばんは。
体を現す名前が多い植物名ですが‥『オオタデケ』でもいいのでは^^
イヌタデよりはアカノマンマの方がずっと素敵な名前だとは思いませんか?
何かこの花にふさわしい名前を考えてくださいな^^
Commented by moraisan at 2006-09-09 22:43
>mmamacatさん、いつもありがとうございます。
少し時間に窮したこともありますが、写真を撮らずに過ごした一週間でした。
一枚目などどう撮ったものか‥^^; この場所にあっても、確かな存在感に、‥やはり撮らされたのかな^^
Commented by ironsky at 2006-09-09 23:10
オオケタデの色鮮やかさが目をひきます。
さびたドラム缶も、この色をいっそう引き立てているようです。
Commented by moraisan at 2006-09-09 23:24
> ironskyさん、こんばんは。
花の房も大きくて、10センチほどにもなるので、目にした印象は強いです。
ironskyさんのように、いろんなものを写せるわけではないので、こういうシーンは苦手なんですが^^;
ドラム缶‥錆びてなければ撮れなかったかもしれません^^
Commented by atNOGAWA at 2006-09-15 07:05
サンショウクイの情報ありがとうございました。
野川でもイヌタデ群生の中にぽっつりとオオケタデが・・・大将のような感じでやはり特別な存在です。
草むしりをした後にこれだけを残す気持ちがなんとなくわかる気がします。
Commented by moraisan at 2006-09-17 00:19
>atNOGAWAさん、こんばんは。
オオケタデはポルトガル(だったかな^^;)を経由して、マムシの解毒薬として日本に来たとも‥
効果の程は別として、そんな民間薬信望もあって残されて来たのかもしれませんね^^
そちらではサンショウクイが減っているのでしょうか? 初めて出会ったのは多摩丘陵だったと記憶します。


<< 稔る田 アカソ >>