明月草 ‥イタドリ
  イタドリにはいくつかの変種があるとされます。山地性の変種オノエイタドリのさらに変種とか‥
e0070545_22371666.jpg
e0070545_22401044.jpg
e0070545_22413556.jpg

  周りのイタドリには、この赤みを帯びた明月草(メイゲツソウ)がとても多いです。
  写真のものは花色が淡いものですが、たいへん赤みの強いものもあります。
  この花を見ると、ろくに見たこともない枝珊瑚を連想したりします。
[PR]
by moraisan | 2006-08-03 22:56 | 山野草・樹木 | Comments(12)
Commented by yu_ra-ra at 2006-08-04 06:22
おはようございます^^
イタドリの花、初めて見たのかな?
見てても、気づかなかったのかな?
小さい花が上に向かって、いっぱい花をつけていて、かわいいですね*^^*
Commented by mmamacat at 2006-08-04 08:04
このお花をつなげてネックレスにしたら さぞ綺麗!
いけない事を思いました。 優しい感じがしますけど
一房(?)が大きいのでしょうか・・・
Commented by saheizi-inokori at 2006-08-04 10:26
山道を歩いていて喉が渇いたときこれをポキント折って皮をするっとむいて食べる。すっぱさがなんともいえない。アア、口の中が・・。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2006-08-04 20:39
こんばんは。
イタドリ、夏の花ですね~
近所の河川敷で見かけます。
が、こんなに綺麗に撮る自信ないですね^^
Commented by moraisan at 2006-08-05 00:33
>yu_ra-raさん、こんばんは。
いつも早いですね^^ 私はいつも遅いですね^^;
土の道がある頃なら、どこにも繁った夏草ですが、こんな草はすぐに刈り取られるのかもしれません。
ひとつの花は小さいけれど、なかなかいいでしょ^^
Commented by moraisan at 2006-08-05 00:39
>mmamacatさん、いい思いつきです^^
乱暴は嫌だけれど、腫れ物に触るように花たちを扱うのはもっと嫌です。
一房?は、山地のものは小さくて数センチ、写真のものは10センチほどあります。
Commented by moraisan at 2006-08-05 00:46
>saheizi-inokoriさん、こんばんは。
春の若芽はぬるめきもあって、山菜にもされます。
茎は長くみずみずしいのですが、葉だけはどうにもえぐくて食べられません‥ハハ、試してます^^;
その味まで知っている草‥ 思い出と共に^^
Commented by moraisan at 2006-08-05 00:57
>sakusaku_fukafukaさん、こんばんは。
姿を少し変えながら、森林限界まであるこの草です。
暗い林の中で、白い花だけ日を受けていたりすると、ハッとするほどいいです^^
明月草には派手に赤いものもあるのですが、私は白花からこの程度色づきのものが好きです。
Commented by ran1005 at 2006-08-05 20:21 x
私のほうでも赤い名月草が目立ちます
Moraisanさんの手にかかると素敵で別の植物のような印象ですね!
咲きかけは綺麗だナ~と何時も思っていますがカメラを向けた事はありません
ルーペで花を見ましたらすごく神秘的で美しかったですヨ
Commented by moraisan at 2006-08-06 22:01
>ran1005さん、こんばんは。
この季節、大きく繁ったこの草は写真の納まりが悪いですよね^^
ハッとしたら、自分がその時何に惹かれたろうかと‥ それを写すことは難しいけど、
カメラを向ける時の頼りにしています^^
Commented by 茜未 at 2006-08-07 18:19 x
私は土曜日に蓼科近辺に山に登ってきたのですが、白、薄ピンク、濃い赤が混じったものと色々と見てきました。
平地にあるのは白い色が多いので真っ赤が混じったものは初めてでした。
Commented by moraisan at 2006-08-07 22:44
>茜未さん、こんばんは。
すぐ目の前にあるのに、八ヶ岳も、その向こうの蓼科山も見えない夏の日が続きました。
山上にはいい風が吹いたでしょうね^^ 明確な種ではなく、標高や土地柄で色んな変化を見せてくれます。


<< 木苺実る ヒメジョオン >>