道草 ‥ホタルブクロ
  どうも今年は花時期を逃してしまったらしい ‥いつもの道から消えた道草と、少し離れた場所での出会いです。
e0070545_21142689.jpg
         この花は本来道端にふつうに咲いたものでした。 子供たちの遊び相手であったり‥

e0070545_21505346.jpg
                 想像たくましく、その花の中に蛍の灯りを点してみたり‥


  高い山や、人の入りにくい林や森に分け入れば、そこには期待した花を見つけることも多いものです。
  (残念ながら消えてしまったものはありますが‥)

  一番変わってしまったのが道草だなあ‥と思います。
  野原や林を突っきていたはずの道が、その景色を消しながら道路になって‥

  そう‥ 道草は道と共に消えてしまったのです。
[PR]
by moraisan | 2006-07-13 22:07 | 山野草・樹木 | Comments(14)
Commented by 夢喰い at 2006-07-14 20:47 x
コチラではホタルブクロは白がほとんどなので赤紫色のホタルブクロが群生してるとなんだかちょっと不思議な感じです。
今年の夏至の夜、ホタルブクロに蛍を入れてみました。
http://blog.goo.ne.jp/ashiato13/e/ce5fc462244b30120119096ad76bd8eb

Commented by namiheiii at 2006-07-14 21:48
花がらも気にせずありのままを撮っている。moraisanさんのお人柄ですね。
Commented by ironsky at 2006-07-14 22:49
ホタルブクロのムラサキ、私の好きな色です。
あまり濃くなくて、こういう色って、心が落ち着きます。
離れてみてもよし、アップで見てもよし。
Commented by yu_ra-ra at 2006-07-15 01:19
ああ、ホタルブクロって、こんな風に咲くのですね。
自然の中で群生しているのは初めて見ました。
庭に植えたことはありますが、いつの間にか消えていました。
落ち着いたきれいなムラサキですね^^♪
Commented by mmamacat at 2006-07-15 13:29
素朴な紫色ですね。自分が里山へ入ったような気分です。

何処も同じですね。私の友人は、割合最近丘を住宅地にしたところに住んでいます。先日そのコミュニティで山猫が出没し大騒ぎをしている記事が新聞に載っていました。散歩に行くのに太鼓のようなものを叩いて歩かないと危険だそうです。どうにかしないと、などと問題になっています。
それを読んだとき「人間が山猫の領分を犯しているのに・・・」と思いました。私は山猫の味方です。
Commented by moraisan at 2006-07-15 19:01
>夢喰いさん、こんばんは。
そうなんですね‥白いホタルブクロの群落拝見しました。こちらでは白はめったに見ません。
蛍提灯も楽しかったです^^ ちゃんと灯るんだなぁ。
蛍が花を求めるとは思いにくいのですが、灯を点すことはあるような気がしてしかたないのです^^;
Commented by moraisan at 2006-07-15 19:08
>なみへいさん、ありがとうございます。
若い頃はありのままは撮れなくて、美しい花ばかり求めました。
枯れゆくもの、散りゆくものを撮りたいと思ったら、今度は自分の器が足りません‥
近年ようやく、素直な気持ちでカメラを向けることができるようになったんですよ^^;
Commented by moraisan at 2006-07-15 19:18
> ironskyさん、こんばんは。
子供の頃、12色のクレヨンや絵の具から、16色や24色と色数増えるとこの色がありませんでしたか^^
うすあかむらさき‥ 何だかとても大事な気がして減らないように気をつけたような‥^^;
Commented by moraisan at 2006-07-15 19:29
>yu_ra-raさん、こんばんは。
日本の温暖多湿な気候は、多くの草花を育んでいますね。
そして日本の草花は、ほんの少しの環境の変化を住み分けるデリケートなところがあるようです^^
この場所も2メートルほど長さに群れ咲いているのに、その周辺では姿を消しています。
大ぶりな花は、その花色で独特の空気をつくっていて、行く足を止めます^^
Commented by moraisan at 2006-07-15 19:59
>mmamacatさん、まだ梅雨のさなかです。
ありそうで少ない色合いなのかもしれませんね、色に関するコメントを複数いただきました^^
山猫騒動‥ 広いお国でもあるんですね。
大型の肉食獣のいない(失った)日本ですが、クマ(雑食)はしばしば問題になります。
最短では家から10分ほどの場所でクマが出没します。
クマ自体の危険性は、交通事故に比べても皆無に近いと思いますが、毎年何件かは報告されます。
日本の狭い国土では、彼らが隠れるバックグラウンドがもうありません。
クマに出会いたい思いと、報告しないわけにはいかないから出合ってくれるな‥ジレンマです。
野生の動物たちは、人間ほど他者に対して無関心ではありません。
クマ除けにラジオや鈴を奨励する向きもありますが、私的には興味を引くだけだと思っています。
新興の住宅地とのこと、折り合いがつくまでには今しばらく要するでしょうが‥
そこにあった命への敬意と畏れを忘れなければ、野生との隣接は生きる当たり前のリスクを超えはしないと思います。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2006-07-15 20:58
こんばんは。
素晴らしい群落ですね。
花期は逃したとのことですが、ホタルブクロは多年草なので、また来年素晴らしい群落が見られるといいですね。
こちらではすっかり姿を消してしまい、これほど群生しているホタルブクロを見ることはありません・・・
是非いつまでも残って欲しいものですね。
Commented by moraisan at 2006-07-15 23:15
>sakusaku_fukafukaさん、こんばんは。
ただ歩いていれば季節を知らせてくれた道草たち‥ 姿を消すと寂しいかぎりですね。
足元に咲くのもいいのですが、ちょっと高いところから差し出して笑いかけてくる(そんな気がする‥)のがこの花の印象です^^
Commented by kuma-boo at 2006-07-17 12:25 x
奥多摩の山で見るホタルブクロは林道の脇に砂埃をかぶってどこでも咲いていたような記憶がありましたが、最近は道端にあまり見られなくなりましたね。
似た花のツリガネニンジンも同じく。
ホタルブクロを見ると何故か学名の一部 Campanulaとか英語のBellflowerが浮かんできて、どこか洋風な感じがしてなりません。
Commented by moraisan at 2006-07-17 18:59
>kuma-booさん、こんばんは。
雨に降り込められた一日でした^^;
学生時代は奥多摩の山々、多摩川に良く出かけましたよ。
Campanulaの響きからは、好きな童話『銀河鉄道の夜』、カンパネルラの名を連想します^^
キキョウのように、野山から姿を消す花にはなってほしくないですね。


<< 雨の日の彩 ‥ヤブカンゾウ 予感した空‥ (7月6日) >>