アヤメ
e0070545_22363634.jpg
























谷地や湿地は嫌われるのか
この花の咲く場所は減るようです。

群落など望むべくもないけど‥
待てる花であってほしいものです。






  よっこらしょ‥ (と、言ったかどうか)
e0070545_22493348.jpg
                花弁を持ち上げるようにして登場しました‥       (二ホンミツバチ)
[PR]
by moraisan | 2006-06-05 22:56 | 山野草・樹木 | Comments(12)
Commented by ironsky at 2006-06-06 14:50
この格好を見る限り,「よっこらしょ」は間違いなく言っていますね。(笑)
いいところを撮影しました。
湿地とか干潟とか,どんどん減っています。
埋め立てれば,土地として使えますから。
しかし,この地上で生活しているのは,人間だけではありません。
Commented by nonacafe at 2006-06-06 19:33
アヤメ、ショウブ、いづれも『菖蒲』の漢字を当て、
乾生、水生、と違いがあったり、そこに花菖蒲やカキツバタや
アイリスなどが紛れ込んで、その見分け方に毎年納得するのだけれど
いざその季節になると、さて?どっちがどっちだったかと…?
毎年頭を煩わさせます。惚れてる花なのに…(爆)
Commented by sakusaku_fukafuka at 2006-06-06 19:41
こんばんは。
天候にも恵まれたようですね。
燦々と太陽を浴びたアヤメが素晴らしく美しいです。
Commented by mayumis39 at 2006-06-06 20:35
いずれアヤメかカキツバタ・・・・いくら違いを言われても、
なかなか見分けられくて、弱ります。
結局、どっちでも美しければ良しとして、あきらめてしまいます。
これは、まちがいなく、よっこらしょ!・・・ですね。(^^)
Commented by namiheiii at 2006-06-06 22:12
尻から撮っても絵になるんですね。さすがmoraisanさん。
Commented by kuma-boo at 2006-06-07 12:21 x
群生したアヤメは公園でしか見られなくなりました。
でも演出された風景は今ひとつ趣にかけますね。
緑と紫の競演、堪能しました。
Commented by moraisan at 2006-06-07 20:53
>ironskyさん、こんばんは。
ははは、そうですか^^ 最近の自分の口癖(声に出さずとも‥)なってるかもしれません^^;
地方でも、開発されては打ち捨てられていく‥そんな土地が増えています。
人は何が欲しいのでしょうかね?

Commented by moraisan at 2006-06-07 21:02
>nonacafeさん、こんばんは。
惚れているなら名前くらい覚えてくださいね^^
とはいっても、在来のアヤメ科の花たちは減ってしまいました。
さて、作品を飾るのはアヤメ、ショウブはたまたカキツバタ?
Commented by moraisan at 2006-06-07 21:07
>sakusaku_fukafukaさん、こんばんは。
6月4日の日曜日、久々に晴れたのですが北よりの風が冷たい日でした。
春の花たちが終わって、草丈は夏の準備ですが‥暑い夏、来るんでしょうか^^;
Commented by moraisan at 2006-06-07 21:16
>mayumis39さん、こんばんは。
一緒に並べたならすぐに違うと分かる花も、別々に見ると記憶を怪しんだり‥^^
アヤメは背丈もノハナショウブやカキツバタよりずっと低いし、少し乾地性も強いです。
アヤメだけに見られる外花被片の綾目模様を撮影していたら‥よっこらしょと出てきて^^
Commented by moraisan at 2006-06-07 21:23
>なみへいさん、こんばんは。
この季節、どの花にも来客は多いですね^^
風が強い日で、体でフォーカス合わせていたのですが‥
予期せぬ登場に反射的に合わせてしまって、よっこらしょ‥です^^;
Commented by moraisan at 2006-06-07 21:33
>kuma-boo さん、こんばんは。
日本人はアヤメが好きなのか、山の地図などにはアヤメ平の地名や、アヤメ群生地の記述も多いですね。
周りの野山には数株から数十株ほどの自生が散らばっていて、草丈のこの季節、楽しませてくれます^^


<< 待っていた花 ‥六月の薔薇(ノ... 黄菖蒲咲くころ‥ >>