ユリノキ
遅々として進まぬ春‥。花を探す目を慰めたのは、午後の陽に少し染まった、ユリノキの枯れ花でした。
e0070545_21101679.jpg
e0070545_2111319.jpg

[PR]
by moraisan | 2006-03-05 21:11 | 山野草・樹木 | Comments(30)
Commented by takahiroi7 at 2006-03-05 21:27
ユリノキの枯れ花、本当の花のような感じがします
新宿御苑にも大きなユリノキがあり、枯れ花が沢山ついていましたが・・・
でも花芽も もう準備ができているのでしょうね
5月の花が楽しみです
Commented by ran1005 at 2006-03-05 23:05 x
ヤッホー!と何度もお呼びしましたよ!
昨日今日と暖かくて春を思わせますネ ユリノキは枯れ花が目立ちますネ
花の無い時期は特に・・・初めて目にした時は枯れ花が本物の花かと思ってしまいましたヨ
セリ・沢山収穫があったのでしょうか?雪解けの小川や湿地で若菜摘みをしている姿が見られる様になりましたネ
Commented by atNOGAWA at 2006-03-05 23:31
定例の野川探鳥会の日、久しぶりのOFF気分転換に・・
野川公園でもこんなユリノキのある場所でカワラヒワや、ジョウビタキを眺めていました。
枯れ花も3月の光の中で心なしか優しく見えました。
Commented by ran1005 at 2006-03-06 09:46 x
おはようございます 昨朝・サラダ街道のJAで「やぶかんぞう」の若芽売られていました
教えていただいたとおり調理してとても美味しく頂戴しましたヨ
本日blogにしました 
ヤブカンゾウの芽吹きの様子・とてこっこにリンクさせていただきましたのでよろしくお願いいたします
Commented by mmamacat at 2006-03-06 09:55
moraisanさんの説明がなければ、お花だと思うところです。
午後の陽は優しいですね。
拝見していてほのぼのと、気持ちが暖かくなります。
Commented by gleybird at 2006-03-06 18:38
お久しぶり(笑)です。
mmamacatさんのコメントがなければ、お花だと思ってました。(本文読んでないな~)
元気そうな、かわいい枯れ花ですね、ははは。(←ごまかしてる。)
Commented by moraisan at 2006-03-06 21:08
>takahiroi7さん、こんばんは。
ユリノキのチューリップのような豪華な花もみごとですが、枯れた様子もなかなか素敵ですよね。
花、多色に染まる紅葉、枯れた花‥世界三大公園樹に言われるのも納得です。
Commented by moraisan at 2006-03-06 21:20
>ran1005さん、こんばんは。
何度も呼んでいただきまして、恐縮です^^; 少し忙しくしてました。
春が少し足踏みしています、私も足踏みしちゃいました。
ヤブカンゾウ、リンクありがとうございます。量が採れる山菜ですが、店頭に並ぶとは知りませんでした。
その昔、まだ野菜が少ない時期に、灰汁もない山菜のみずみずしさは貴重だったことでしょうね。
Commented by moraisan at 2006-03-06 21:24
>atNOGAWAさん、こんばんは。
リフレッシュなされたなら何よりです^^
今年は今頃になって、ツグミが大挙しています。渡りの時期やルートも少しずつ変わってきたのかもしれませんね。
Commented by moraisan at 2006-03-06 21:31
>mmamacatさん、少し温かな夜です。
だいぶ首を伸ばしているのですが、春はゆっくり来るようです。
世界中に公園樹として植えられるユリノキ、カリフォルニアの太陽の下も似合いそう、身近におありではないですか?
Commented by moraisan at 2006-03-06 21:36
>gleybirdさん、お久しぶりです。
お訪ねはしばしばしておりましたが、どうも少~し忙しさにくたびれて降りました。
なかなか春めかないのも口実にして‥^^;
Commented by nonacafe at 2006-03-06 21:53
ユリの木大好きです。へえ〜、世界三大公園樹というものがあったのですね。ちなみに他は何でしょう?
…すずかけ?マロニエ?銀杏は東洋のみのようですしね。
それと、これ枯れ花なのですね。実の咢とか苞かとばっかり思ってましたァ。
Commented by ironsky at 2006-03-06 22:03
ユリノキ、こんな風に残っているのですか。
ちょっと派手な花というイメージなのですが、枯れてもまだ存在感があります。
暖かい日差しが似合います。
Commented by moraisan at 2006-03-06 22:59
>nonacafeさん、こんばんは。
実は一般的には(樹木学的には)、三大公園樹はヒマラヤスギ、コウヤマキ、ナンヨウスギと言われています。
ただ公園樹に関しては、ヒマラヤスギには異論のないものの、いくつか論じかたがあるようです。
私が支持する‥かなり主観的かも?‥三大公園樹説です^^;
今では以前ほど、三大公園樹とか、三大並木、三大美木とか言わないようですよ。
Commented by moraisan at 2006-03-06 23:02
>ironskyさん、こんばんは。
樹が大きく、葉も大きなユリノキですから、場合によっては十分花を見ることができません。
こうして葉を落とした姿を見て、こんなに花があったかと思うほど、たくさんの花が残っていて驚きます(^^)
Commented by mmamacat at 2006-03-07 08:25
こんにちは。
ここにユリの木あるかしら・・・いつもボンヤリしていますから
見逃しているのかも。 こんなに可愛らしいお花(枯れていても)見たいです。注意してみますね。
Commented by kuma-boo at 2006-03-07 22:40 x
始めまして。よそのブログからコメントさせていただきます。どの写真からもすごく自然の息吹、生命力を感じます。テクニックを越えた、Live感のある映像を撮影できる感性に
驚きます。
Commented by moraisan at 2006-03-07 23:46
>mmamacatさん。
Liriodendron tulipifera ユリノキの学名です。ユリのような花の樹、チューリップのような花の樹‥と言う意味のようです。
欧米では、チューリップ・ツリーで親しまれているようです。中国原産のモクレン科、樹齢1000年の樹もあるとか。
季節を追ってご紹介したいですが、すばらし樹です‥お身近にあることを願っています。
Commented by moraisan at 2006-03-08 00:05
>kuma-boo さん、はじめまして。
身近なところに、驚かされたり、慰められたりする命の息づきがあって‥それを見たままに、少しでも届けられたら。
願いとほんの少しの気負い‥あるとすれば、その一点でしょうか^^
お気軽にお立ち寄りくださいね。
Commented by mimi (mmamacat) at 2006-03-08 09:12 x
moraisanさん
ユリの木の資料有難うございました。
学名で調べましたら、普通 "Tulip tree"(チューリップ・ツリー)と呼ばれているようです。素敵な木とお花でワクワクしましたが・・・
北米にありますが東部の方でこの西部にはないようです。
新しい葉が出て、お花が咲きましたら見せてくださいね。
楽しみにしています。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2006-03-08 17:57
ユリノキって言うのですか。
自分は初めてですね。
これが枯れ花だなんてね・・・
枯れてもなお咲いているなんて、素晴らしいですね。
Commented by moraisan at 2006-03-08 19:50
>mimi さん。
自生のものがないせいで、花を見るときはカメラを持たない時ばかり‥花の写真がないんですよ。
今年は近くに大きな樹を見つけているので、必ずご紹介いたしますね!
Commented by moraisan at 2006-03-08 19:55
>sakusaku_fukafukaさん、こんばんは。
sakusakuさんのように、山に遊ばれる方にはかえって縁遠い樹かもしれません。
各地で自治体主導で植栽を進めていたりもします。案外身近な公園などにもあります。
葉の形から、半纏木(はんてんぼく)の名もあります。
Commented by 髭彦 at 2006-03-08 22:55 x
午後の陽のはつかに染めしユリノキの枯れ花待たむ春の芽吹くを
Commented by moraisan at 2006-03-09 22:58
> 髭彦さん、こんばんは。
地上から姿を消して地中で待つもの、巧みな冬芽で待つものがあるように、枯れ花で待つ植物も多いです。
小さな草本なら珍しくはないけれど、高木には珍しいかもしれません。
歌で気持ちを代弁いただいた気がします。ありがとうございました。
Commented by 髭彦 at 2006-03-09 23:31 x
moraisanさん
ユリノキは最も好きな木のひとつです。
去年からユリノキを詠った歌がこんなにありました。

ユリの木の高き梢を見上ぐればさくらハラハラ舞い降りにけり
空高く緑の梢われ一人見上ぐる先にユリの木の咲く
かく咲きてかく散り行くかユリの木よ六十路を過ぎてつくづくと見ぬ
よく見れば新たな蕾まだありてユリの木の花いまだ終はらず
誰ひとり気に懸くる者なからむと独り見上ぐるユリの木の花
昏きなかこれはユリの木スズカケと見上げつ歩く心かなもし
仰ぎ見る黄葉(もみじ)の樹々をユリノキと気づけば黒き幹と梢の
樹皮かたく網目模様にひび割れしユリノキ芽吹く春の待たるる



Commented by 髭彦 at 2006-03-09 23:34 x
訂正です。

昏きなかこれはユリの木スズカケと見上げつ歩く心かなしも
Commented by moraisan at 2006-03-10 00:11
> 髭彦さん。
ひとつの樹をこんなに詠えるように、わたしもカメラを向けていけたらと思います。
学生時代、林学を専攻しました。樹木学の最初の講義で学名と共に覚えたユリノキ。
その日以来、私にとっても思い入れの深い樹となりました。
二首、五首、六首‥身にしみて好きな歌です。
Commented by gix01mg at 2006-03-11 18:34
枯れても散らないで、姿をとどめている。
枯れ草の色になったアジサイの花を見たときに、
こういうことがあるんだ、と思いました。枯れ花というんですね。

こちらからもリンクをさせてくださいね。
季節を感じる写真、たのしみです。
どうぞよろしくおねがいします。
Commented by moraisan at 2006-03-11 22:09
>gix01mgさん、こんばんは。
枯れ花‥という言葉があるのやら? ただそうしかいいようがなかったので^^;
ススキは枯れ尾花なんていいますよね。リンクありがとうございます。
今日も忙しく過ぎましたが、目にする景色は随分春めきました。
またブログも更新していきます。こちらこそよろしくお願いします。


<< 遅い春‥ ホトケノザ、ヒメオド... セリ ‥雪解けの水辺 >>