かみ雪 そして福寿草‥

  いつになく雪の少ない冬が過ぎました。
  雪のない冬は春を告げる花たちには厳しいものです。毎年通う自生地の福寿草は傷むものが多く目につきました。
  それなのにこの一週間に二度、たちまち積もる勢いで雪が降りました。


e0070545_02305077.jpg

                この地方で かみ雪と呼ばれる 春の雪です。 (3月26日撮影)

e0070545_18132199.jpg

                 その雪花は大きなものだと 5センチほどもあったりします。




e0070545_07052694.jpg

  国道端から始まる 山里に続く道の法面に、あまり人に気づかれずに咲く 福寿草の群落があります。


e0070545_01405682.jpg

  以前はまばらに咲いていたのが今はすっかり増えていて、花の密度も私の知る場所では一二となりました。


e0070545_01525790.jpg

  国道側の建物が隠す斜面は、迫る山の木々もあって終日日陰勝ち、いつも最後に花を咲かせます。 


e0070545_01531513.jpg

  まだ葉を展開しない花姿は、今年なら二月末に咲き始めた周囲の福寿草にひと月は遅れています。


e0070545_02332364.jpg

  この分だと近くのオオヤマザクラの咲く頃まで、繁らせた葉の中に 咲き残る花が見られそうです。
   

e0070545_02341499.jpg
  この日(4月2日)イワツバメがただ三羽ながら 春を連れて帰って来ました。



                         ※写真はクリックで拡大いたします。






[PR]
by moraisan | 2017-04-03 18:31 | 山野草・樹木 | Comments(6)
Commented by echalotelle at 2017-04-03 18:45
かみ雪の降る景色、美しいですね。
長い冬が終わり、ようやく本当の春ですね。
桜とともに福寿草が見られるかもしれないなんて
それは今年ならではの春になるわけですね。楽しみですね!
こちらはアマツバメが3月31日に戻ってきました。
今朝も賑やかに鳴いています♪
Commented by moraisan at 2017-04-03 18:57
>りんご姫さん、こんにちは。
山や谷が入り組んでいるおかげで、どの花も比較的長く見続けることができます。
時々桜に遅れて降るかみ雪は、花たちには困るでしょうが、今の内なら恵の雪です。
アマツバメお帰りなさい^^
この辺りではいきなり高みに帰ってくるのでしょうか?アマツバメに逢うのはもう少し後になります。
Commented by sternenlied2 at 2017-04-05 01:27
復活されましたか。嬉しく思います。
来週は復活祭なんですよ^^
清冽なところでお日様の光を一杯吸収して
輝かんばかりに咲いている福寿草は
moraisanさんの復活をお祝いしてるようにも
私には見えます。
Commented by moraisan at 2017-04-05 07:07
>mira さん、ありがとうございます。
日の光に向き合って周り、最後の日までその花を開き閉じしようとするこの花に、こじ開けられるものは まだあるのかもしれません。
節季は清明‥ 歩き出さねばいけませんね。
Commented by PochiPochi-2-s at 2017-04-05 23:34
こんばんは。
ブログを再開されて嬉しいです。
「かみ雪」
この言葉、初めて聞きました。
この雪が降ると春近しということらしいですね。
福寿草の咲き方、その色に可愛らしさと強さを感じます。
元気をもらえる花ですね。
ブログ、楽しみにしています。
Commented by moraisan at 2017-04-06 00:00
> PochiPochi-2-s さん、こんばんは。
お言葉ありがとうございます。
ふたたび廻って来た春、再会できた花、待つ花‥ ありがたいなあ、と思っています。



<< 堅香子‥ かたかご 再来‥  セツブンソウ(3月11日) >>