再来‥  セツブンソウ(3月11日)
  セツブンソウと27年ぶりの再会ができて、初めて写真も撮ることができたのが一週間前のこと。

  一週間前、しっかり開いていのがただ一輪であったから‥ ばかりではないのだけれど、再び足を運びました。
  3月11日‥ 忘れられないこの日に咲くこの花を とても見たいとも思いました。

e0070545_18173486.jpg
  花数はずいぶん増えていました。

e0070545_18183348.jpg
  朝には雪も舞ったということで、そこは先週より寒いのに。

e0070545_1819378.jpg
  この日は訪れる人も多く、狭い散策路に留まることはできません。 何度も順路を回るのを繰り返します。

e0070545_1820571.jpg
  この花は手厚く守られてています。 千曲市の市の花、天然記念物の指定を受けています。

e0070545_18202287.jpg
  小さな花ですから、こうして咲く前なら容易く踏みつぶされてもしまいそうです。

e0070545_18204437.jpg
  それでも雪の消えたその後には、誰もがそこに花の咲くのを待つならば‥

e0070545_1821919.jpg
  そしてその生きざまに思いが重ねられるのなら、この斜面からロープは消えないものだろうか?

e0070545_18212356.jpg
  一面に白く見える景色には、今度も出逢えはしませんでしたが‥

e0070545_18214347.jpg
  開くとすぐに白い花粉を解くこの花ですから、一面の満開と花姿の美しさは トレードオフであるように見えます。

e0070545_21233742.jpg
  花にバリエーションのあるのに気づきます。 左端の花は萼片が少し黄味を帯びています。

e0070545_2124189.jpg
  こちらは八重咲のもの。 まれに二輪つけているものもありました。

e0070545_18215818.jpg
  今度この花に逢うのはいつになることでしょう。 でも季節が巡って来たならば、ずっと確かに思い出せそうです。



                        ※写真はクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2017-03-14 18:25 | 山野草・樹木 | Comments(6)
Commented by echalotelle at 2017-03-15 06:22
お久しぶりです。
春がゆっくりとやってきていますね。
27年ぶりのセツブンソウとの再会、それはそれは嬉しい春の始まりですね♪
Commented by moraisan at 2017-03-15 07:26
>りんご姫さん、お久しぶりです。
しばらくのつもりが‥ 長く姿をくらましてしまいました。
この花を撮るのは初めてでした。
お訪ねしてみたら、マレの周囲も春景色。カシュー姫も元気そうでほっといたしました^^
Commented by aozoranoyukue72 at 2017-03-15 21:16
素敵に撮られましたね。
やはり光りがあると違いますね。
私は昨日、3度目の訪問でしたが曇り空でした。
Commented by moraisan at 2017-03-15 22:58
>aozoranoyukue さん、こんばんは。
お蔭をもちまして、この花との再会を果たせました。
保護されているとは言うものの、厳しい自然環境に変わりなく、小さな花に秘められた強さを あらためて垣間見ました。
ありがとうございました。
Commented by hamuneko7 at 2017-03-16 20:20
ご無沙汰しております。
春は黄色い輝くような花が目につきやすいようです。それに比べて、ひっそりと、でも骨太な感じで咲いている白、セツブンソウは違う春に出会った感じがします。中心の青の色が深く遠くを見つめているようでもあります。
災害で亡くなった人、事故で亡くなった人、残された人と、死者と生存者の関係やありかたはひとつとして同じものはないこと。それでも津波や地震や原発という自然の力と、人間を差し置いて大きくなった「科学」の生み出した災害とそれはそれで忘れられてはならないでしょう。
ずいぶん前に録画しておいたドキュメンタリー「満月の夜」をみて、人にとっては半世紀、100年という単位であっても時間は止まっていることもあるだろうと感じたところです。
今年もよろしくお願いします。
Commented by moraisan at 2017-03-18 08:06
>hamuneko さん、おはようございます。
いつもは暮らす場所でじっと待つ春なのですが、この度は思い立ってこの花に逢いに出かけました。

未曾有の地震と津波、重ねてしまった原発事故で失われたもの、傷ついたものは甚大でありました。
人が計る時の中で目指す復興と、とても計ることのできない時間をかけてなされることが‥それは修復ではないかもしれないけれど‥ これからも続いていくのだと思います。

春になれば当たり前のように落ち葉をもたげて 花は咲きます。
ふたたび廻って来た春、私もそれにならおうと思います。


再会‥   セツブンソウ (3... >>