再会‥   セツブンソウ (3月4日)

  長いことその出逢いに憧れを持っている そんな花が過去にはいくつもありました。
  このセツブンソウ(節分草)などはその筆頭で、長く暮らした北の地では見られぬ花でした。

  初めて見たのは半年ほど暮らした北信の地、まだ浅い春、雪の中に咲く数輪でした。
  まだデジタルカメラなどはなく、それは記憶の中に喜びと共に写し止められられただけでした。

  それから27年、同じ県内に移り住みながら身近にこの花が咲くことはなく、月日は瞬く間に過ぎました。

e0070545_7135890.jpg
   私にとって多くの花は暮らしの中で待つものです。 

e0070545_7143755.jpg
  春は特にそんな花たちが多い季節、日々の散歩の中にさえ訪ねる花は追いつかないくらいです。

e0070545_714505.jpg
  この春、この花との再会を期して少し離れた北信の地を訪れました。
  身近な花たちが遅れていることもありますが、自身の時間を思うようになった年齢も 背中を押してのことでしょう。

e0070545_7151631.jpg
  白い花弁に見えるのが萼、紺色の雄蕊の葯、紫の柱頭、密線様に黄色いのが花弁。
  背丈数センチ、花径2センチ足らずのこの花の獲得した意匠は強力で、この花を忘れないものにします。

e0070545_716620.jpg
  この日(3月4日)は少し早すぎたようです。 完全に開いたものはただ一輪、八分咲が数輪とひそやかでした。

e0070545_7162184.jpg
  よく保護された自生地は、盛時には一面白く見えることもあるそうです。 多くはまだ落ち葉の下でした。

e0070545_7164388.jpg
  木漏れ日が当たるというよりは、地形的に日照が遮られた斜面であるのがわかりました。
  4枚目の写真と同じ花の3時間半後。 この日この花に光が射したのは数分が数回程度でしょうか‥
  この30分後には斜面は全体が 光を失ったように見えました。





                         ※写真はクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2017-03-11 07:20 | 山野草・樹木 | Comments(0)


<< 再来‥  セツブンソウ(3月11日) 露結ぶ朝‥ >>