灯ともす花‥   しろつめくさ

  夏の夕、曇り空、少し開いた空には宵月がもう高く懸かっている。
  むしょうにシロツメクサが見たくなって、サンダルをつっかけて涼みの中に歩き出す。

e0070545_2234242.jpg
  まったくどこにももあって、誰もが間違えることなくその名を正しく言い当てる花。
  身近には背丈のあるものは見かけないが、幼い日には30センチはあるようなのを、せっせと摘んだ記憶がある。
  女の子らはそれを長々器用に編んで、首にも頭にも飾るのに、少しは加勢していた気であったかもしれない。

e0070545_22341957.jpg
  宮沢賢治の童話に、この花が灯りをともす幻想的なくだりがあって、長くそれを見たいものだと思ってきました。
  木の下の暗がりに、月明かりの下にそんな つめくさを探したけれど‥ ついぞ出会うことはなく。
 
  ただ薄曇りの宵のうち、わずかに残る散光の中に、この花はわずかに灯るような気がするばかりです。

e0070545_22344234.jpg


e0070545_22345987.jpg
  小さな蝶花を下から順に咲きあげるこの花は、咲き揃う時は短いですけれど‥ 
               その花にもその香にも、 地面に這いつくばるだけの価値は十分あると思います。



                          ※写真はクリックで拡大いたします。


.
[PR]
by moraisan | 2016-06-15 23:31 | 山野草・樹木 | Comments(10)
Commented by sternenlied at 2016-06-16 04:11
あの広場から音が聞こえてきたので、
シロツメクサの灯りを探しに行きたくなったのでしょうか(^_-)-☆
花に小さい算用数字が記されていたでしょうか^^
物語の季節は丁度今頃の季節ですね。6月の半ば。

ツメクサ、どこにでもある花なのかもしれないけど、
白いのも紅いのもいつ見ても心和む好きな花です。
Commented by pallet-sorairo at 2016-06-16 09:18
↓ 私の以前の記事です。
http://sorairo02.exblog.jp/20834770/

少女たちが上手に花の環作っていますので
見ていただけたら嬉しいです。
Commented by moraisan at 2016-06-16 17:32
>mira さん、こんにちは。
はい、そんなところです^^;
遠い日に、あこがれの広場は近くにあったのかもしれません。

すっかり遠くなった今となっては、花のどこかに番号でも見つけたら、たどってみたいと思うのですが^^
Commented by moraisan at 2016-06-16 17:36
> pallet-sorairo さん、こんばんは。
記事を拝見いたしました、ありがとうございます。

今でも変わらず花を編む 子らもいるのですね。ちょっとほっといたしました^^
Commented by saheizi-inokori at 2016-06-16 22:25
あの香り、青空、友達の汗の匂い、みんな遠い昔の思い出です。
遠いけれどつい昨日のような気もする思い出。
Commented by moraisan at 2016-06-16 22:44
>saheizi さん、こんばんは。
そうなんですよね、この花。 時を巻き戻してくれますよね^^
Commented by ironsky at 2016-06-16 22:53
こんばんは。
どこにでもあるシロツメクサですが、こうやって撮影をしてみると、美しいものですね。
ありふれているからと、見過ごしてしまっている自分に気づきました。
Commented by moraisan at 2016-06-16 23:32
>ironsky さん、こんばんは。
どこにでもあり花時も長いのですが、梅雨時の今が旬だとかんじています。
花の高さにレンズを合わせれば、息をつめて見飽きぬ花です^^
Commented by nenemu8921 at 2016-06-21 20:15
つめくさの灯りは黄昏時に似合う気がします。
無性に見たくなるとき、それは日頃忘れていた子どもの頃の日常の細部が
不意によみがえってくるときでしょうか。
この花を編んで、首や頭を飾った思い出は、つめくさの香りが語るように思います。
なぜか、この花は、私のなかでは、匂いとともにインプットされています。
私の子どもの頃は、アカツメグサは少なかった印象があります。

Commented by moraisan at 2016-06-22 05:19
>nenemu さん、おはようございます。
‥つめくさの灯りは黄昏時に似合う‥ たいへん同感いたします。
無性にその花が見たくなる時‥なんでしょうね?ふいにやって来るのですが‥ もうビールを飲んでくつろいでましたが、呼ばれました^^
自ら摘んだ花の匂いは染みつくように残るものですね。
シロツメクサは飯(まんま)草、アカツメクサはおやつ草‥そのくらいの差はありましたね^^


<< La Campanella‥ ... ガマズミ‥ >>