ズミの花咲く‥

  強い花冷えもあったせいで、桜は例年なみの開花となりました。
  その一時期戻った寒気と季節を飛び越えた高温に、多くの花が時を同じく咲き急ぎました。

  まだ遅い桜が残るうちに、ズミも一気に満開の時を迎えてしまいました。

e0070545_171526.jpg
  里と森の境にある小さな畑の脇に、このズミはあります。
  あまり丈の大きくなる樹ではないのですが、幹の太さから、相応の時間を生きてきたように思います。

e0070545_1153652.jpg
  土地の人に聞いても、ずっと昔からあるということだけで、残されたのか植えられたのか定かではありません。
  ただ幹を分けて大きな樹冠をつくる様は、この樹らしく立派なもので、私はこの木の開花を楽しみしています。

e0070545_1224476.jpg
ズミと呼ばれる樹には変化が多いように思います。 この樹も山中で見るものとは花付きなどずいぶん違っています。

e0070545_123834.jpg
  エゾノコリンゴの方に近く見える花ですが、樹姿からは やはりズミだなあと私は思っています。

e0070545_1233197.jpg
  この花の香はよく甘いと例えられますが、私はむしろ青くさい 青年の汗のようだと思ったりします。

  だからでしょうか‥ 青年にもなりきれないまま早逝した息子のことを この花は思い出させます。
  それは感傷などではなくて、不思議な明るさを持ってよみがえるのが 私にはとてもありがたかったりします。



                          ※写真はクリックで拡大いたします。

[PR]
by moraisan | 2016-04-25 02:17 | 山野草・樹木 | Comments(6)
Commented by pallet-sorairo at 2016-04-25 09:15
ズミは私も大好きな花です。
これからはこの花を見るたびに
moraisanさんを思い出すことでしょう。
Commented by namiheiii at 2016-04-25 10:55
ズミはいわゆる桜のような派手さがなく心惹かれる花木です。日光の光徳牧場の辺りに沢山あるのですが、なかなか開花時期をとらえられずに来てしまいました。このように山里に一本だけあるのも素朴で味わい深いものですね。
Commented by moraisan at 2016-04-25 19:30
> pallet-sorairo さん、こんばんは。
まあ、なんと光栄なことでしょう^^
つぼみの帯びるほのかな紅、咲いた時の潔い白、香しい実にいたるまで‥
この樹が里近くに多く残るのも、なるほどと思うのです。
Commented by moraisan at 2016-04-25 19:40
>なみへいさん、こんばんは。
山にある時は、樹下にあったり他の木々も添いますから、ここまでのびやかに樹冠を広げていることは稀です。
傍が畑の沃土ということもあって、山のものより少し線の太さを感じる花も、美しさは損ねぬままに、あらん限りの花つきを見せてくれる一本です。
どうしても映り込むものが多いので、花ばかりの写真となってしまいました。
Commented by saheizi-inokori at 2016-04-26 11:20
しみじみと無言で見ていたい。
Commented by moraisan at 2016-04-26 18:33
>saheizi さん、こんばんは。
蝶や蜂ならいざしらず、花はどうして私に向っても咲くのだろう‥ なぜ立ちつくしてしまうのだろう。
何もわからぬまま、今日も花を見ています。


<< link‥  ニホントカゲ 故郷の花‥ 蝦夷蒲公英 >>