春の小悪魔‥ ハシリドコロ

  みずみずしい新芽が次つが顔を出す春は、山菜シーズンでもあります。
  普段は出会う人もないような場所でも、忙しそうに目を配らせて通り過ぎる人に会ったりします。

e0070545_138336.jpg
  毎年のように山菜による中毒が報じられるます。 その筆頭がこのハシリドコロです。

e0070545_144495.jpg
        確かに大きな芽生えは目立ちますし、手ぶらよりはと持ち帰って食べてしまうのでしょうか?

e0070545_1525692.jpg
  この草の持つ雰囲気は、私には 『食べてはいけないよ』 と言ってるようにしか見えないのですが‥

e0070545_1592759.jpg
  濃い紫の花は開くほど赤みを増して、野草というよりは園芸種の花を思わせたりします。
  下向きの花では目立ちませんが、花の内側は黄色くて、ちょっと毒っぽい?お洒落さんかもしれません。

e0070545_2101242.jpg
  花の中でおいしそうに花粉を食っているやつがいました。 顔しか見えませんがヒメハナバチの仲間かな??
  このハチの食事の様子を眺めていたら、何だか食べられそうな気が‥ あぶない、あぶない^^;

  
  早春にいち早く花を咲かせて、夏にはすっかり姿を隠してしまう。
  花の生活史からしたら、ハシリドコロも立派にスプリングエフェメラル(春の妖精)だと思います。
  盛りの頃にはめっぽう目立って多いので、あまり長くこの花の傍にいたことがなかったような気がします。

  葉が展開した時の草姿はもっと明るい感じで、食べられそうに見えるかもしれません。
  でも全草有毒で、触れた手で目などはこすらない方がいいようです。 罪のない小悪魔です、ご注意を^^


  

                          ※写真はクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2016-04-21 03:19 | 山野草・樹木 | Comments(4)
Commented by namiheiii at 2016-04-21 10:17
この草は名前が面白いですね。一度聞いたら忘れません。全草有毒でも花粉だけは別なのでしょうね。
Commented by saheizi-inokori at 2016-04-21 10:48
人などに有毒で身を守り特別契約の蜂に仲人を頼むのですね。
小悪魔め。
Commented by moraisan at 2016-04-21 18:28
>なみへいさん、こんばんは。
花粉には毒がない!? 考えが及びませんでした^^;
Commented by moraisan at 2016-04-21 18:37
>saheizi さん、こんばんは。
なみへいさんといい、saheizi さんといい、諸先輩の洞察と発想には畏れ入ります。
私などは遠からず手玉にとられて、山中を走り回りそうです。
‥小悪魔め^^


<< 故郷の花‥ 蝦夷蒲公英 強風の中で‥ オオヤマザクラ >>