氷結の朝‥ ヒメオドリコソウ

  昨日雨から変わった雪は、今朝の景色を再びの冬の姿に戻しました。

e0070545_20284059.jpg

  
         そこで咲くこと。 咲いた場所で全てを受け入れること。 私には到底なしえなかったこと。

               こんな小さな野の花が、なんの恐れもないという風に それをしている。



                        ※写真はクリックで拡大いたします。




  
[PR]
by moraisan | 2016-03-10 21:02 | 山野草・樹木 | Comments(8)
Commented by ironsky at 2016-03-10 21:21
こんばんは。
暖かくなったと思ったら、急に寒くなりました。
これに耐えたら、春はもうすぐだよ。
「がんばれ!」
Commented by moraisan at 2016-03-10 22:51
>ironsky さん、こんばんは。
桜が咲くまでのこの季節が、一番試練の季節なのだと思っています。
それにしても一日で、10数度もの気温変化は激しすぎますね。
雪の少ない冬でしたから、乾いた土も木々草花も、この雪も恵と受け取るような気がしていますが。
Commented by sternenlied at 2016-03-11 20:46
「そこで咲くこと。咲いた場所で全てを受け入れること」

今日という日、不意の雪を被っても健気な姿が
東北の方々に重なってしまいます。
Commented by moraisan at 2016-03-12 20:11
>mira さん、こんにちは。
5年前、震災直後の東北に冷たい雪が降っていた映像を、昨日のことのように思い出します。

今日こちらでは反原発の集会がありました。
過去を風化させないために、明日に向かって歩むために、今しなければならないことが山積しています。
Commented by echaloterre at 2016-03-15 19:58
遠い国からはじめまして♪
miraさんのお隣の国からこんにちは!(*‘∀‘)

もう一息で春ですね。
いや、もう二息くらいかな~。
こちらでも、ヒメオドリコソウが咲いています。
ここ数日、ようやくパーーっと明るくなって
春らしい日が続くようになり
ヒメオドリコソウやスミレやムスカリなど、春の花が輝き始めました。
植物の美しい写真、森の写真、楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by moraisan at 2016-03-15 21:36
> echaloterre さん、はじめまして、ようこそ。
リンク先のブログ拝見いたしました。『りんご姫さん』!mira さんがそうお呼びしている方がいらっしゃったのを思い出しました(@_@)

私はこの小さな島国を一歩も出たことがなく、‥近年は身近な森や林が気になって‥ 本当に狭い世界を徘徊しています^^

それでも拝見した記事のお写真には、見知った草花や木々も見つけられますし、このヒメオドリコソウにしたって、私などよりはるかに勇敢に海を越えて根付いているのだし、この花に春を重ねる人だって少なからずいることでしょう。
拙い写真の一コマに、私が授かっているものが少しでも写っていればいいな‥ そんな思いです。
こちらこそよろしくお願いいたします。
Commented by echaloterre at 2016-03-16 22:37
最近知ったのですが、ヒメオドリコソウは、もともとヨーロッパ原産だそうです!!
ヒメオドリコソウは、こちらから一歩外に出て、日本にうまく根付いたんですね。明治の頃の話らしいです。

マレというところは、なかなかうまく説明できないのですが
去年ここを訪れてくれたブログの友人が、少しまとめて書いてくださってるので、それで少しはわかるかな~。(*‘∀‘)

http://tamayam2.exblog.jp/24656566/
Commented by moraisan at 2016-03-16 23:58
>りんご姫さん、ありがとうございます。
教えていただいたリンク先も拝見して、よくわかりました。
何だか幼い頃読んだ、マーク・トウェインの世界を見ているようでした。
ヒメオドリコソウは40年前は故郷の函館では見たことがなくて、上京して多摩川沿いで初めて見たのでした。
今や全国区の花のようで、小さいのになかなか逞しい花のようです。


<< 木々始まる‥ ツノハシバミ 大きな石 小さなロックガーデン‥ >>