夏花の頃‥  ウツボグサとキバナノヤマオダマキ

  つゆ雨が小休止した途端、猛烈な暑さがやって来ました。
  開花の時期を梅雨明けに定めているかのような、夏花たちの季節の到来です。

e0070545_22322138.jpg
林の梢が開けた下には、エノコログサのような一年草が勢いを増します。 ウツボグサもそんな場所を好む花です。

e0070545_22324165.jpg
       案外どこにも咲く花は目立つので、園芸品種だと思っている人も少なからずあるようです。

e0070545_22325793.jpg
  画家で植物写真家であった冨成忠夫氏が、著作の中で『夏の花の10傑のなかに入る‥』と書かれています。
  確かにその紫の色は美しく、氏の言わんとすることが分かったような気がしたのはずっと後のことでしたが‥
  余談になりますが、氏の写真に出逢わなければ、私はこれほど長く写真を撮り続けてこなかったと思います。


e0070545_22332770.jpg
                このキバナノヤマオダマキも日当りを好む花だと思います。

e0070545_22334610.jpg
  ですから、私が好んで歩く暗い林や森にはとても少ない花で、所番地で訪ねる花となっています^^

e0070545_2234050.jpg
  ヤマオダマキの変種とされていますが、私の住む八ヶ岳周辺では圧倒的にこのタイプが多いです。
  花色の穏やかさも好きですが、ちりめん細工のような花びらは いつ見ても新鮮に目に映ります。



                        ※写真はクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2015-07-14 01:04 | 山野草・樹木 | Comments(6)
Commented by 74mimii at 2015-07-15 05:59
こんにちは!
猛暑とは関係のない涼しげなお花たち。
ほ~ッと肩から力が抜けるような安心感が・・・
デリケートな色と姿のキバナノヤマオダマキ。
拝見していると、自分がその前にいるような気分になります。

この地方では赤みのあるオレンジ色の小さなオダマキ’Crimson columbine/Aquilegia formosa’
が早春から5月末ごろまで野に咲いています。
その花を頭の中でキバナノヤマオダマキの側へ置いてみました。
楽しい遊び・・・
Commented by moraisan at 2015-07-15 17:52
>mimi さん、こんにちは。
暑さを逃れるように入り込むこれらの場所は、日向よりは5、6度は気温が低いと思います。
同じ花でも穏やかな光の中で見る方が好きですし、何よりゆっくり傍にいられますから^^
キバナノヤマオダマキはこの辺り(標高900m)が下限のようで、高地にはずっと多いです。

mimi さんの楽しい遊びとは異なりますが、これから咲くだろう花を、その場の葉姿から想像しながら待つことが多いです。
Commented by fusk-en25 at 2015-07-15 19:48
実は私。八ヶ岳に土地を持っています。
こちらに移り住む何十年も前に信州に園芸種の花展を見に行きたまたま泊まった宿近くの原野に野生の苧環が群れ咲いていました。原種?らしき苧環に惹かれてお金もないのに衝動的に土地を買ってしまい。家も建てず、原野のままですが。おそらく今も苧環は咲いているだろうと想像はしています。
Commented by moraisan at 2015-07-15 20:38
> fusk-en25 さん、こんにちは。
オダマキはヤマオダマキ、ミヤマオダマキの2種が普通種で、キバナノヤマオダマキやオオヤマオダマキが変種になるかと思います。
キバナノヤマオダマキはバリエーションが多いのですが、萼片(外側の花弁状のもの)がクリーム色を呈するものは、八ヶ岳周辺に特徴的かと思います。
いずれも日当りのある、風通しの良いような場所を好むので、その状況が続くなら今も花を揺らしているかもしれませんね。
逆に下生えの木々や、下草が伸びる環境になれば姿を消してしまうのも自然なことで、環境変化の緩慢な高地帯ほど例年通り咲く花となるかと思います。
オダマキは園芸品種も多く栽培されていて、野山で意外な姿を目にすることも少なくないですが、微妙に花時期が異なるせいか、野生種との交雑種に見えるものには出逢ったことはありません。
いつの日か日本に帰られたときに、思い出の苧環が迎えてくれたらいいでしょうね^^
Commented by ironsky at 2015-07-15 23:27
こんばんは。
平地は30度を超す気温となっています。
山もそれに近い状態なのでしょう。
でも濃い青や白の花を見ると、涼しげですね。
Commented by moraisan at 2015-07-15 23:36
>ironsky さん、こんばんは。
私がうろつく800~1000m程度の山間地でも、連日30度を超える日が続いています。
私は暑さが苦手なものですから、林や森に逃げ込んで、そこで過ごす時間がいつも長くなってしまいます^^;


<< オオバジャノヒゲ‥ ヤマアジサイ‥ >>