一期一会の花‥  ミヤコザサ

e0070545_18395486.jpg
           もう帰り着くことばかりが頭にある時でした。 見慣れぬものに足を止めました。

e0070545_18401827.jpg
  ミヤコザサに花が咲いていました。 どこかで見たようでもあるけれど‥ 確かに見るのは初めてのことです。

e0070545_18403617.jpg
  もう少しその場に頑張れなかったのか‥  気力体力が尽きていて、悔いの残る出逢いとなってしまいました。

  

                          ※写真はクリックで拡大いたします。





 

  俗説のようですが、竹の花は120年周期、笹の花は60年周期だと言われています。
  なぜ俗説なのかと言えば、その通りなら同じ場所で二度その花を見ることはとても叶わないからです。

  竹(真竹)の花はこの地に移り住んで一度だけ目にすることができました。 
  その時に何人かの古老に尋ねてみましたが、一様に初めて見たとのことでした。

  冷害凶作の年にその花は咲いて、その実は滋養があって人を助けるのだと‥ 
  何かの本で読んだ話の通りを語ってくれた方もありました。

  その年は大冷害の凶作で、海外からの支援で緊急輸入されたタイ米を有難く初めて食べました。
  
  笹の花の周期に関しては、30年説、48年説なども出ています。
  いずれにしてもそれを確認することは容易ならざることでしょう。

  この歳で初めて見る笹の花は、私にとっては文字通り 『一期一会』 の花となりそうです。
  この花を撮影したのが二週間前ですから、もうこの花はそこにないことは確かです。

  思えばどの一木一草との出逢いも一期一会であるはずで、どこか高を括っていた自分があったと気づきます。

  何を撮ったかわからぬような写真を何度も見返していましたが、気持ちに区切りをつけたくて記事としました。
[PR]
by moraisan | 2015-05-30 20:09 | まばたきの記憶 | Comments(8)
Commented by 74mimii at 2015-05-31 00:32
おはようございます!
ササにお花が咲くのを存じませんでしたから驚きました。
秋には種(?)が出来るのでしょうか。
種はどんな形なのかしら・・・などと。
貴重な体験をシェアして下さって有難うございます。
Commented by moraisan at 2015-05-31 02:43
>mimi さん、おはようございます。
花も初めてでしたから、その種は見たことがありません。
ただ真竹の方は、小さな稲穂にも似た実りであったと記憶します。
当時はデジタルカメラなどなくて、フィルムのほとんどは子供たちの撮影に費やしていたので写真もありません。
笹も播種後は枯れるのだそうです。(竹はそうでした)
花はちゃんと撮れなかったけれど、その実りはまだ会える可能性が‥ mimi さんに言われて気づきました^^;
何とか見とどけたいものだと思います。
Commented by namiheiii at 2015-05-31 11:36
竹の花の話は知っていましたが、笹にもそんなストーリーがあったのですか。moraisanさんでなければ捉えられない貴重な発見だったのですね。
Commented by moraisan at 2015-05-31 11:55
>なみへいさん、こんにちは。
この日は少し調子が良い気がして、足を延ばし過ぎて‥力尽きてしまいました^^
同じ場所ばかりを歩いていても、何も知らない事に気づかされるばかりです。
Commented by saheizi-inokori at 2015-05-31 17:58
さっき読み終えた「銀の匙」を思わせるような写真と文章、丁寧に生きることの大事さを教えられました。
Commented by moraisan at 2015-05-31 20:45
>saheizi さん、こんばんは。
書を捨ててしまったような私が「銀の匙」を読むことは、今後もないと思います。

ただ、この世界の理(ことわり)のいちいちに感嘆し、生きることの憧れに満ちていた日々があったと思います。
籍も名もなく空の下を歩く時だけ、僅かに‥そんな記憶を反芻しているのかもしれません。
Commented by mira at 2015-06-01 01:36 x
笹は数10年の周期で花を咲かせるのですね!丁度その瞬間に居合わせるタイミングほど不思議な縁で貴重なものはないですね。見ていた時は束の間だったけど、その面影は一瞬の中の濃密な深い体験として、moraisanさんの心の中にいつまでも大切に印されているのでしょうね。
Commented by moraisan at 2015-06-01 12:44
>mira さん、そちらは早朝でしょうか? おはようございます。
花の傍ではリラックスできるのに、撮影となると緊張してしまう質です^^;
目にしたこととのあまりのギャップに‥ カメラを置けばよかったと悔いが残りました。

でも、見慣れたミヤコザサが見せてくれた初めての姿、記憶に残るだろう出逢いとなりました。





<< 初夏の森のトンボたち‥ カワト... クレパス‥  ジシバリ (イワ... >>