モミジイチゴ‥
 
  暗い林の下でこの花に出合えば、そろそろ春も終わりを告げる頃となります。
  

e0070545_18465929.jpg   































                              少し大ぶりの花を ひかえ目に下向きにつけるのも美しい。

e0070545_18474347.jpg
       林に夕日が差し込めばにわかに花は輝いて、この場所もまた選ばれているのだと感じます。



                        ※写真はクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2015-05-04 19:22 | 山野草・樹木 | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2015-05-04 23:16
どんな場所、どんな花にも意味があるのでしょうね。
Commented by moraisan at 2015-05-05 06:03
>saheizi さん、おはようございます。
この場所がこの花を選ぶのか、この花がこの場所を選ぶのか‥ 私にはわかりません。
偶然も必然もおそらくは人の都合がつくりだすその場限りの感情かもしれないと‥
ただ 小さな生きていることの喜びと、生きていくことへの憧れを、こうした場所と瞬間に与えられているのは確かかもしれません。
Commented by 74mimii at 2015-05-05 13:57
こんばんは!
華やかさの中の静けさ。
美しいお花と活き活きした葉・・・
見せて頂けて幸せな気分にひたっています。
Commented by moraisan at 2015-05-05 15:50
>mimi さん、明るい昼下がりです。
この林の低木の花は、3センチほどもあるでしょうか‥そのことを恥らうかのように暗がりでひっそりと咲きます。
花の数だけのオレンジ色の木苺(黄苺)は、手に取ることが躊躇われますが、野山の果実の中で最上のもののひとつだと思います。
誰にも見て欲しい思いと、その場を秘めておきたい思いが交錯する‥そんな花です。


<< 神楽草の路‥ スミレ・すみれ・菫‥ >>