運ばれた花‥ トウゴクサバノオ
 
  私がこの山でこの花に最初に出逢ったのは 十年ほど前だったろうか。
  それまでどちらかと言えば静かなこの山に、大挙して人がやって来るようになっていた。
  車止めのゲートの付近には二三台の駐車スペースがあったのだが、いつしかバスまで乗り付けるまでに拡張。
  そんな駐車場と化した周辺に、この花は忽然と姿を現したのでした。
  手持ちの県下の植物図鑑にも、町の植物目録にもこの花の記載はなかった。 版も少々古いのだけれど‥
  
e0070545_0105515.jpg
  小さな丈低い花は、周囲が荒廃していく中で少しづつ増え続けたようです。

e0070545_0121696.jpg
  全体になよとした姿は、とてもこの山域になじみそうには思えなかったのだけれど‥

e0070545_0131075.jpg
  少しづつたくましく適応していくようでもありました。

e0070545_0135296.jpg
  蜜腺化した黄色い花弁がこの花をとても愛らしく見せるのですが、その花は小さく1センチに満たないものです。


  私はこの花が人によって運ばれてきたのではないかと思っています。
  関東あたりの低山ではどこにも普通にあったと記憶するこの花が、標高1000メートルのこの場所に
  忽然と姿を現したこと、そこが駐車場の周囲であること、そのやはり小さな種が容易に衣服にとまること‥

  何よりこの花が長い時間をかけてこの山にまでやって来た形跡が、周囲のどこにも見いだせないこと。

  誰もが容易に長い距離を移動できる今日、それが登山という行為のための往来を否定もできないのかもしれない。
  この花を受け入れるかどうかは、この山が決めればいいことだと思っている。

  昨年春、この花が沢づたいに意外な標高まで登っていることに驚きました。
  ただこの春、いささか乱暴な林道の拡張工事によってひとつの沢は埋められて、多くのこの花も絶えました。

  とても正視できない光景で、やがてはゲートを開いてさらに奥まで車で上がるようにする意図かと思います。

   この花の行く末はわからないけれど‥ ただ人は、人である私は受け入れてはもらえないだろうな、この山に。




                         ※写真はクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2014-05-15 01:46 | 山野草・樹木 | Comments(3)
Commented by saheizi-inokori at 2014-05-15 11:03
種が鯖の尾に似てるというけれど、鯖の尾ってどんなだったかなあ。
どうもこの花の優しさにはそぐわないです。
Commented by シニア・ナビ事務局 at 2014-05-15 18:02 x
はじめまして。シニアナビ事務局と申します。
突然のコメントで申し訳ございません。

私たちはシニア向けのコミュニティサイト「シニア・ナビ」を運営しております。シニアナビはお持ちのブログ登録が出来き、シニアナビ内でこちらのブログを公開する事ができます。

メンバーにいつまでも楽しんで頂けるよう、また新しい趣味や生きがいをお探しの方に役立つサイトを目指して、日々、イベントなどを企画して発信しております。

こちらで日々書かれている素晴らしいブログをシニアナビでもご披露いただけないでしょうか? 私達は、皆様が書かれているブログを通してシニアの皆様にそれぞれの生活、趣味、生き方をお伝えし、ご自身の生活をより豊かなものにしていただきたいと考えています。ぜひご協力いただければと思います。

また、シニア・ナビに遊びに来ていただけると嬉しいです♪
Commented by moraisan at 2014-05-16 06:11
>saheizi さん、おはようございます。
袋果になるのか? ふたつのサヤ状の果実を見立てたようです。
最初の発見は花時ではなかったのでしょうか? ‥私にも鯖の尾には見えないです^^ 


<< 木漏れ日のかたち‥  (うつぎ) コチャルメルソウ‥ >>