荒地に咲く ‥ハハコグサ・セイタカアワダチソウ
長野市郊外の荒地です。
e0070545_2147355.jpg
e0070545_2148170.jpg
すっかりドライフラワーのようになった中に、生花の名残を見せるものも‥ ハハコグサ。

e0070545_21503090.jpg
e0070545_2151019.jpg









   刈り跡から伸びたセイタカアワダチソウ。
   花色をさらに濃くして、この花は逞しい。



   この荒地にも今朝は雪が積んだはず‥
[PR]
by moraisan | 2005-12-13 21:58 | 山野草・樹木 | Comments(4)
Commented by ironsky at 2005-12-13 23:39
寒い雪の写真が続いたのですが、これは一変して日だまりの写真ですね。
弱くなった光を、精いっぱい浴びようと努力しているようです。
Commented by atNOGAWA at 2005-12-13 23:44
こちらでも、後から伸びたこの花は意外に元気で咲いています。
雪の無い野川ですからたくましいこの草にとってはあたりまえのことかもしれませんが。
Commented by moraisan at 2005-12-13 23:50
>ironskyさん、こんばんは。
これは昨日の長野市、今朝は雪が積もっていました。
こちらは粉雪ですが、長野市は湿雪‥同じ朝の雪とは思えませんでした。
少しでも可能性があれば、花を咲かせ、実を結ぼうとする逞しさがありますね。
Commented by moraisan at 2005-12-13 23:57
>atNOGAWAさん、こんばんは。
この季節に花を咲かせるものは、きっと凍結に強い仕組みを獲得しているのかもしれませんね。
柔軟な茎などに触れますと、そんなことを考えます。不凍仕様とでも言いましょうか‥


<< 夜明けごろ 冬姿の八ヶ岳と浅間山 >>