林に残る実 ‥ヤマブキ
早い頃から実を結ぶヤマブキですが、まだ冬枯れの林に残る実もあります。
e0070545_23162542.jpg
e0070545_23171235.jpg

色をなくした林を散歩していると、
ほんのわずかな色合いも、とても嬉しく感じます。
あの鮮やかな黄色の花とは、比べようもないわずかな色でも。





早春の山吹色です。
e0070545_2339453.jpg

[PR]
by moraisan | 2005-12-10 23:40 | 山野草・樹木 | Comments(12)
Commented by mmamacat at 2005-12-11 08:06
春に綺麗なお花を咲かせて、秋には稔る。
手をのばしているようなところは何でしょう。
着物の柄にしたいようなデザインになっていますね。素敵!
Commented by mayaha at 2005-12-11 09:03
色が少なくなった山野では、淡いオレンジ色が本当に嬉しくなりますね~
Commented by moraisan at 2005-12-11 10:16
>mmamacatさん。
着物もおめしにまりますか。
着物に限らず、多くのデザインは自然の意匠を巧みに模倣してますね。
>手をのばしているような‥
枯れた姿にも、そこに生きた意志があったことを、それが続いていることを感じさせられますね。
Commented by moraisan at 2005-12-11 10:24
>mayahaさん、おはようございます。
落ち葉が雪の隠れたら、一気に色を失った林の景色になりました。
少し前なら気に止まらなかったかもしれないものが、目に新鮮に映ります。
Commented by sakura at 2005-12-11 14:01 x
黄色の花をつけるヤマブキはベランダにあります。実がつく事を知らなかったので大急ぎ只今見に行きましたら、、先のほうだけ小さな実が少しついていました。何だか急にいとおしくなってきました。
Commented by moraisan at 2005-12-11 18:40
sakuraさん、こんばんは。
人家には八重の園芸品種が多いのに、一重のものがおありなんですね。
八重のものは蕊が花弁となるので、実をつけません。杉などと同じく学名にjaponica のつく、日本を代表する木でもあります。
Commented by ironsky at 2005-12-11 21:15
ヤマブキの実、お星様のようです。
冬の寒さに負けないよう、堅いからで守っていますね。
子どもの頃、ヤマブキの葉を手にのせて、「ポン」と音を出して破る遊びをしたものです。
さんざん遊んだのに、実の記憶がまったくありません。
Commented by atNOGAWA at 2005-12-11 23:15
黄色に輝いて咲き、黄色の葉で終わる山吹ですね。
春先の林の中をぱっと明るくしてくれるこの黄色の花意外に好きです。
子供の頃野遊びで、茎の芯(スポンジ状の部分)を竹筒で作った竹鉄砲の弾として使ったりもしました。
Commented by moraisan at 2005-12-11 23:33
>ironskyさん、こんばんは。
確かに硬い実です。この季節には落ちた?ものが多いのか、星型のガクばかり目立ちます。
何の葉だったか忘れましたが、そんな遊びをした記憶があります。
随分いろんな草花と遊んだ子供時代でした(^^)
Commented by moraisan at 2005-12-11 23:40
>atNOGAWAさん、こんばんは。
今日は御二方に、楽しい山吹の遊びの思い出を伺いました。
山吹は北海道の南部にもあるそうですが、私が始めて見たのは東京の高尾山でした。
円錐の蕾も、景色を一変させる黄色の花も大好きです(^^)
Commented by gleybird at 2005-12-12 12:30
子供の頃、絵の具に「やまぶき色」というのがありました。
もちろん花の色でしょうけど、きれいな花なんでしょうね。
Commented by moraisan at 2005-12-12 19:49
gleybirdさん、こんばんは。
子供の頃、やまぶき色を、『やまぶ・黄色』だと思っていました^^;
山吹が花木の名であるのを知ったのは、ずっと後年でした。


<< 冬姿の八ヶ岳と浅間山 冬を越す蝶 ‥ウラギンシジミ >>