褐色の薔薇? ‥ヒマラヤスギ
自然界には、不思議な相似形が随所に存在します。被子植物と裸子植物、花と実の違いを超えて‥  
ヒマラヤスギの球果、いわゆるマツボックリです。
e0070545_231335.jpg
世界の三大公園樹のひとつに数えられるヒマラヤスギです。わずかですが野山に定着したものも見かけます。けっこう大きなマツボックリで径は5、6センチあります。バラバラになった後も先端部分が残って、こんな姿で落ちています。ずっと小さいですが、よく似た球果にカラマツがあります。





ごく普通のマツボックリ‥赤松のものはこちら。
e0070545_23242664.jpg

[PR]
by moraisan | 2005-12-02 23:25 | 山野草・樹木 | Comments(14)
Commented by sakura at 2005-12-03 07:23 x
え?バラ???このような薔薇の花を造花で作った事があるので驚きました。自然界は本当に不思議??
今朝は大失敗をしました。沢山の鳥達が野川に集まった所シャッターを切ったら真っ黒で、?電池切れ・・・あ~ぁ~
Commented by moraisan at 2005-12-03 10:44
sakuraさん、おはようございます。
カラマツよりは少しくすんだ色ながら、全体の感じの似ているヒマラヤスギ‥常緑であることで、それと気づく方も多いようです。
大きなマツボックリは緑色頃から目立ちますが、最初にこの薔薇?を拾ったときは、正体がわからず悩みましたよ。
今の季節なら、公園などにも見られますし、リースの飾りにはとてもいいものです。
デジカメの電池切れ、私もよくやります。それどころか、電池の入れ忘れ、メディアの入れ忘れも‥^^;
Commented by mmamacat at 2005-12-03 15:53
こんばんは!
この辺にも大きな松ぼっくり(ただ普通の)が沢山落ちています。
moraisanの着眼点に教えられました。ほんとうに綺麗!
Commented by moraisan at 2005-12-03 16:20
mmamacatさん、こんばんは。夕暮れが近づいています。
そちらの方が、マツ科の木は多いのではないでしょうか。モミのように球果を落とさないもの、アカマツのように丸ごと落とすもの、ヒマラヤスギのように先っぽだけ形を残すもの‥いろいろあって面白いものです。
Commented by gleybird at 2005-12-03 18:02
スモークされた花のようです。
いろんなバリエーションがあって、興味深いですね。
こちらでは、マツポックリと言うような気がします。
Commented by sakura at 2005-12-03 19:34 x
moraisanさんも電池切れ?今日は朝から電池切れとメディアの入れ忘れとダブルミス・・・もうガックリです。でもベテランmoraisanさんでも
ミスをなさると伺ってホッとしました。
Commented by moraisan at 2005-12-03 22:29
>gleybirdさん、こんばんは。
はい、たいへん香ばしい匂いが食欲をそそります‥なわけないか!
マツポックリですか、初めて聞く響きです。

Commented by moraisan at 2005-12-03 22:34
>sakuraさん、こんばんは。
これでも折り紙つきのドジです‥自慢してどうする‥^^;
ベテラン?数々のドジを重ねたという意味では、ははは‥
Commented by ran1005 at 2005-12-03 23:29 x
松ぼっくりが薔薇の花びらのようだと表現すると不思議な顔をされたり誇大妄想じゃないかと思われてしまう事が度々あります 
カラマツとヒマラヤスギはそう表現するのがぴったりですよネ
余り全国的に見られないからでしょうネ
Commented by moraisan at 2005-12-03 23:42
>ran1005さん、こんばんは。
カラマツなどは、春の花の時期もたいへん美しいですね。そう、当たり前なのです‥マツボックリは花の終わりの姿ですから‥。
こういう一見地味なものに、目を向けることができるのが、この季節なのかもしれませんね。
Commented by nonacafe at 2005-12-05 01:40
無知ですが(笑)最近、発見したことです。
何年も前に拾った松ぼっくりですが、雨に当てると笠が閉じて
新しい木の実のように戻るんですね。まだ生きているんでしょうか?なんだか生命の不思議気分です。
Commented by moraisan at 2005-12-05 20:59
nonacafeさん、そうなんですか!
あまり気にしていませんでした^^; 木にあるうちならともかく、落ちてなを種を守るメカニズムでしょうか?
話し変わりますが、素焼きでしくじった陶器を木の根元に置いてたら、雨で粘土に戻りました。これって素焼きが甘いですか?
マツボックリの話を聞いて、思い出しました^^;
Commented by nonacafe at 2005-12-06 00:34
松ぼっくり*濡れて閉じても、また乾燥するとカサカサに開きます。
素焼きの雨ざらし*粘土にもどるなんて、だいぶ焼きが甘いのでしょう(焼成温度が低いのかな?)でもすでに粘土としての可塑性はないのでは…?
Commented by moraisan at 2005-12-06 19:26
nonacafeさん、そうですよね^^;
素焼きで割れて引き出したものだから‥七輪ですから‥焼きが甘いままだったせいですよね。
可塑性を失ってしまったのかまでは、確かめませんでした。試してみたいけど、割れても欲しくないな~。


<< 初雪 目覚めの頃 >>