錨草‥

  植物はその数が多いからだろうか? 標準和名には植物学者のセンスを疑うものも多いと感じることしばしば‥
 そんな中にあって、この花の命名には文句のつけようがありません。 『いかりそう』 誰もが一度で覚えるでしょう。
e0070545_18241583.jpg
  夏鳥たちの最後、ホトトギスやカッコウの声を聞くようになると、この花のことが気になりはじめます。

e0070545_187220.jpg
  錨といっても大型船舶のそれではなく、いわゆる和船の四爪錨を連想させる花です。

e0070545_18213694.jpg
  時折見かける光景です。 ‥散った花弁も見当たらず、食痕もなく‥でも子房は種を孕んでいるようです。

e0070545_18324797.jpg
  葉の造作もなかなかです。 このように縁に薄く紅を刷くものなどは‥ ようするに私はこの花が好きなんですね^^;

e0070545_1841595.jpg
  珍しい花ではないけれど、この通る人もまれな作業林道は数百メートルこの花が道草で続くお気に入りの場所。

e0070545_18484634.jpg
  華奢な造りの花。 でも鄭重に繊細に創り込まれていると思います。 野の花に惹かれる理由かもしれません。

e0070545_18573146.jpg
  曇り空に沈みがちだったこの花に 雲間からわずかに光が届いて‥ この日一番の華やかな 一瞬となりました。



                          ※写真はクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2013-05-22 19:13 | 山野草・樹木 | Comments(4)
Commented by 茜未 at 2013-05-24 21:24 x
moraisanさん、こんばんは。
山の中で咲くイカリソウが綺麗ですね。
数百メートルも続いていたらきっと見事な眺めでしょうね。
また山へ行きたくなりました(^^)
Commented by moraisan at 2013-05-25 07:02
> 茜未さん、おはようございま。
いわゆる里山に咲くイカリソウの姿ですが‥ 群落というのではなく、道すがらそこかしこに咲いている感じです。
身近に気になる花たちが多いので、少ない休日のほとんどは彼(女?)らを訪ね歩いて終わってしまいます。
目指す山、ゆっくり登れば必ずとどくと思いますよ^^
Commented by nenemu8921 at 2013-05-27 18:45
こんばんわ。
この花は今年何度も出会いましたが、気に入った作品にならず、難しいと思いました。
あざとくなく、さりげなく、美しさと面白さ、上手く表現されましたね。
Commented by moraisan at 2013-05-28 06:11
>nenemu さん、おはようございます。
立体的な花ですから、近づくほどにとらえるのが難しい花ですね。
この春もまた逢えた。 込みあげる喜びのまま撮れたらな、と思います。


<< 山法師‥ 一日桜‥  オオヤマザクラ >>