こぶし春

  気温の乱高下にとまどいを隠せぬ春は、こぶしの花つきがいつになく多い春となりました。
e0070545_6374627.jpg
  気になるこぶしの木もいつしか数十本に増えてしまい‥

e0070545_6392054.jpg
  さて、どの木から訪ねてみようか‥思いをめぐらすのも楽しい時間であったりします。

e0070545_702432.jpg
  ただ多くは急な斜面にあるものですから、容易にその下に立つことかなわぬものが多いです。

e0070545_6393741.jpg
  遠目にどれにも増して花数が多いような一本を、真っ先に訪ねることにしました。

e0070545_710347.jpg
  この木は山裾に近くて周りの木々も少ないので、比較的近づきやすい一本です。

e0070545_7204659.jpg
  この木がこれほど過密に花をつけたのは初めてのことです。

e0070545_7212446.jpg
  どうだとばかりに咲き誇ってはいるのですが、少し趣にかけるような気がします。

e0070545_725105.jpg
  陰の枝にさえ、どうにも花は多いようなのを‥

e0070545_725599.jpg
  ようやく気に入るくらいの花数の一枝をさがしてみたりしながら時をすごします。

e0070545_7262767.jpg
  大ぶりな花は大胆にして繊細なつくり。 しみじみ良い花だなあと思います。





 
  足場の悪いところで長居していたのですが、風も冷たく小雨まじりになったので別の谷へ移動しました。

e0070545_885089.jpg
  この谷のこぶしは見上げる高さのものばかり‥

e0070545_89950.jpg
  日当たりの短いここの こぶし。花数はやはり多いようでしたが、まだ蕾のものが多いようでした。 
  
  地形による日当たりや気温の関係で、歩いて30分圏内でさへ開花の時期は一ヶ月ほども幅があります。
  この撮影のあと遅い降雪があって、雪のように白かったこぶしの花は色を得てその彩をいっきに失いましたが、
  谷底でかたく閉じたままのこぶしは これからゆっくり花芽をほどき、それは五月連休頃まで残ることもあります。


      ※写真はクリックで拡大いたします。 ‥放置しているうちに操作が面倒になりましたね^^;
[PR]
by moraisan | 2013-04-14 06:41 | 山野草・樹木 | Comments(10)
Commented by namiheiii at 2013-04-14 11:01
山が笑う、そんな時季になりましたね。色のバランスと精緻な描写が素晴らしいです。
Commented by saheizi-inokori at 2013-04-14 11:05
このくらいじっくりとみてやればコブシもさぞかし咲甲斐がありましょう。
町なかのコブシも悪くないですが、やはり山の中に咲くコブシは素晴らしいです。
Commented by moraisan at 2013-04-15 05:24
>なみへいさん、おはようございます。
ここ数年、おだやかな春の日というのが少なくなったような気がします。
それでも日々淡彩を重ねていく季節、山の表情は日々ほころんででいくようです。
Commented by moraisan at 2013-04-15 05:44
>saheizi さん、おはようございます。
公園などに植栽されたコブシなど、驚くほどう花をつけているのを見たことがあります。
いつもは他の木々の枝越しに蒔かれたように咲く花を好み楽しみますが、この春は花数の多い木が目立ちました。
Commented by 74mimii at 2013-04-15 05:45
庭に咲くコブシには見られない美しさ・・・
足元に気をつけながらコブシの木を訪ねる楽しさを味わせて頂きました。
生きる喜びと感謝を感じるときでも。
Commented by nenemu8921 at 2013-04-15 17:46
おお、久しぶりの登場ですね。
画像を拝見して、すぐに、賢治の「マグノリアの木」と言う童話?を思い出しました。
けはしくも刻むこころの峯々に、いま咲きそむるマグノリアかも
そんな短歌が添えられていましたね。
ご文章を読むうちに主人公の諒安とmoraisanさんが重なってきました。
すみません。賢治オタクで。


Commented by moraisan at 2013-04-15 19:47
>mimii さん、こちらも春のただ中となりました。
人様の思いを否定する気はありませんが、庭木も公園樹も私には悲しく目に映るので、カメラを向けるのは自然に自生のものたちになってしまいます。
混沌と見える中にだけ見出される美しさがあるとすれば、ただ一枚でいいから写しとめたいですね。
私が享受した生きる喜びと、感謝の証として。

Commented by moraisan at 2013-04-15 20:01
>nenemu さん、こんばんは。
気がつけばずいぶん久しぶりの更新となりました^^;
童話?と言う思いは私にもありますね、あのような難解なお話^^
とても諒安の境地とはなりませんが、時にクロモジやら潅木の枝をつかんで地を這いずりまわっています。
時には抗い、また引き戻されて‥ 私もまた彼の人から逃れられずに生きてきたように思います。
Commented by 茜未 at 2013-04-16 00:15 x
ご無沙汰です。
ほんと、コブシが綺麗な時期になりましたね。
昨日は登山口をちょっとウロウロしました。
目当ての花が咲いていないかと思ったのですが残念ながら見つけられず(>_<)
また一週間ほどしてかから行ってみようと思っています。
偶然にmoraisanさんにお会いしないかな~なんて思いながら(^^)
Commented by moraisan at 2013-04-16 06:28
>茜未さん、おはようございます。
この春、身近なコブシたちは見まがうほど豊かな花を咲かせていました。
11日の降雪で多くはその明るさを失いましたが、谷間のコブシはこれからゆっくり開花です。
登山口?‥茂来山でしょうか? 私もそろそろ出かけたいと思っています。
地面に這い蹲っていたり、道をはずれて獣道をたどってウロウロしているようなのを見かけたら‥たぶん私かな^^;


<< 一日桜‥  オオヤマザクラ 山の子ら‥  (コガラ Par... >>