裸木 ‥エノキ
e0070545_063423.jpg

長野市の市役所近くに、小さな稲荷がありまして、
その狭い境内に、もう一本のケヤキと共にあるエノキです。

さして高さはないのに、幹周りはエノキらしく堂々として、
注連縄に四手下げて祀られる、小さな神社の守り木です。
[PR]
by moraisan | 2005-11-28 00:17 | 山野草・樹木 | Comments(10)
Commented by mayumis39 at 2005-11-28 19:28
こういう大きな木を見ていると、本当になんだかホッとするものがあります。見守られているような、そんな気がするのかもしれませんね。
Commented by moraisan at 2005-11-28 20:29
こんな狭いところにというほどの境内に、このエノキはあるんですよ。
民家の軒や、電線(左上に一本写ってますが)が迫っています。この木の広げた枝の分だけ、空も守られている感じです。
Commented by ironsky at 2005-11-28 20:48
立派なエノキですね。
逆光で黒く写っているせいもあり、実に堂々としています。
迫力ありますね。
Commented by moraisan at 2005-11-28 21:20
ironskyさん。エノキとしては巨樹というほどではないのは、多分生育環境が悪いからだと思います。
樹齢は不詳ですが、かなりの老樹に感じます。
シルエットに撮って見たら、少しこの木に感じたものを出せたかなと‥
Commented by gleybird at 2005-11-28 21:52
狭い境内なのですか?
ものすごい大木に見えて仕方ありません。
青い空との対比がいい感じですね。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2005-11-28 22:38
エノキというのですか・・・
すごい立派ですね。ケヤキもとっても立派に育つ木ですけど、これはケヤキに負けない立派さがありますよね~
Commented by moraisan at 2005-11-28 22:40
gleybirdsさん、こんばんは。
周りには長野市庁舎をはじめ、高層の建物もあります。
この木があたりで一番大きかったこともあったろうに‥なんて思ったりします。
巨樹ではないですが、訴えてくる大樹です。
Commented by moraisan at 2005-11-28 22:49
>sakusaku_fukafukaさん、こんばんは。
低山里山にも自生はあるエノキですが、人の暮らしの傍に多く見る木です。
その木を植えた、あるいは残したという曰くのあるものが多く、大事にされているものに良く接します。この木も、長野市の保存樹です。
Commented by 謎野 at 2005-11-28 23:16 x
moraisan、こんばんは。
日々のお写真、ぼくのほうこそ羨む思いで拝見しています。
欅、榎の切り取り方も見事ですね。
Commented by moraisan at 2005-11-28 23:46
> 謎野さん、こんばんは。
謎野さんが突然歌いたくなったように、突然撮りたくなったのかもしれません。
今はとても楽な気持ちで、撮れるようになりましたから。


<< 冬芽 ‥ハナミズキ 冬支度 ‥シラカンバ >>