wild rose hips ‥

  すっかり枯れ葦ばかりが目立つ河畔の一角に、こればかりは豊穣な実りを見せたのはノイバラです。   
e0070545_23202815.jpg
  どうにもファインダーにうまく納まらないほどの実りの具合で‥

e0070545_2321613.jpg
  そのよく絡んだ樹勢のせいでもあろうか‥ 大きな吹きが来ても、その実を風に揺らすでもない。

e0070545_23214051.jpg
  こんな混沌の中にさへ、巧みに活けられているものだな‥ 何もが。

e0070545_2322456.jpg
  『やあ、もうお正月飾りですか‥ いやいや少し気が早いでせう。』

e0070545_23222090.jpg
  なんだかこっちはクリスマスの飾りつけだな。 ‥さっきまでの塞いだ気持ちが少し晴れてくる。

e0070545_23224454.jpg
  すっかり枝ばかりだと思っていたら、わずかにその葉を残していた。 この柔らかさは‥ちょっと春の日のようだな。 

  胸が締め付けられるくらい山の実りが悪い。 
  山栗やブナは秕(しいな)ばかりだし、いつもなら足を滑らすほどの団栗もほとんどないのだ。

  一木に千の数の実をつける山裾の柿なども、指おれば数えられそうな実の数です。
  ヤマノイモもないのだろう。 猪が狂ったように掘り返すのは、たぶんミミズでも探した痕だ。

  そんな山の様子だから、思いのほかたくさんの実をつけたノイんバラに少し救われた気分もしたのだが。
  
  でもどうであろう‥ この小さな薔薇の実は硬いばかりの種勝ちで、赤色で誘っても 消えるのはいつも最後です。
  


                        ※写真はクリックで拡大いたします。

  
[PR]
by moraisan | 2012-11-10 23:25 | 山野草・樹木 | Comments(6)
Commented by mayumis39 at 2012-11-12 22:38
なんて見事な赤い実でしょう!
これだけたくさんの実りを見られたら、気分も明るくなれますね^^
Commented by moraisan at 2012-11-12 23:53
>mayumis さん、こんばんは。
この秋は山の実りが悪くて、ヒヨドリやメジロの多くが移動して行ったようです‥例年は増えるのですが。
この実は普段は非常食といった位置づけになろうかと思ってきたのですが、この冬は頼みの綱かもしれません。
最後まで残る赤は、私にとっても励みの色です^^
Commented by odyssee314 at 2012-11-13 03:47 x
rose hipってハマナスですよね?
wild rose hipはまた種類が違うのですね。
この夏にバルト海で数日間過ごしましたが、
ハマナスが群生してました。
それがハマナスって知らなかったんです。
後で調べて知りました。
私の中ではハマナス=北海道だったので、
ドイツにもあるなんて、なんだか嬉しかったです。
Commented by moraisan at 2012-11-13 06:43
>mira さん、そちらは深夜でしょうか。
rose hip とはバラ科バラ属の実を指すようです。 wildt ‥は私が勝手に作ったので悪しからずお許しを。
ハマナスは多肉でジャムにもなる代表的なrose hip ですね。
エキノコックスが問題になる前は、私も生で食べたくらいです。
ハマナスはたくましいバラで、北海道は有名ですが、ここ長野県の高所にもわずかですが自生します。
それでもノイバラはさらにたくましく思えて、wild を冠してみた次第です。
Commented by nenemu8921 at 2012-11-15 00:21
こんばんわ。
わあ、ゴージャスなノバラの実ですね。出会って嬉しかったでしょう(^_-)-☆
そうですか。山の実りがそんなによくないのですか。
鳥たちも動物たちも不自由でしょうねぇ。
町暮らしだと、五感が鈍くなって、情けないです。


Commented by moraisan at 2012-11-16 04:09
> nenemu さん、おはようございます。
私の普段歩き回る範囲なら、明らかに鳥や動物たちが主役の世界‥残念ながら私はビジター‥思いはそちらに向くのです。
今年は晩夏の頃から、殻の餌皿を覗きにくる鳥たちに、ちょっと首を傾げていたのですが‥ 山の実りが悪かったんのですね。
私はそれとは無縁に近く生きている現実があって‥ つまることの無いない悲しい距離です。


<< 深秋‥ 霜月の朝‥ >>