赤い実‥ ノイバラ
  
         野にあって、一番好きな実は? ‥ノイバラと答える。
e0070545_0412149.jpg


         鳥が好んで啄ばむのか、これだけ実をつけていることは珍しい。
e0070545_0434752.jpg




     
     そして、その花も‥
          こよなく美しい六月の野バラ
e0070545_135510.jpg

        クリスマスのリースに欠かせない‥ 枯野を探し歩く季節がまた来る。     6月14日撮影                                                       
[PR]
by moraisan | 2005-10-28 01:12 | 山野草・樹木 | Comments(10)
Commented by atNOGAWA at 2005-10-28 09:16
夏、生い茂った草たちも枯れて歩きやすくなった野山はまた違った楽しさがありますね。ドライフラワーを探したり、新しい花の痕跡を発見したり。・・・春になってまた来てみよう・・とか。
Commented by namiheiii at 2005-10-28 15:34
私も昨日この赤い実を見ていました。葉や茎の棘はバラのようだが・・・そうか、ノイバラだったのですね。あの真っ白な花はどんな豪華な園芸種にも負けない、私も大好きです。
Commented by gleybird at 2005-10-28 19:44
豪華な園芸種にも負けない真っ白な花、ぜひ見たいです。
師匠、いつか是非お願いします。
Commented by moraisan at 2005-10-29 12:37
>atNOGAWAさん、お返事遅くなりました。
鮮やかという色ではないのですが、枯野にこの実を見つけると嬉しくなります。さらにこの木に絡んだヘクソカズラの金の実や、ツヅラフジの黒い実を一緒に見つけると嬉しくなります(^^)
Commented by moraisan at 2005-10-29 12:46
>なみへいさん、こんにちは。
私も大好きな花だけに、コメント嬉しいです。ハマナスやタカネバラ‥一重の野薔薇が大好きです。
ノイバラは園芸バラの台木にされるくらいですから、バラの原種に近いも
のなのかもしれません。
Commented by moraisan at 2005-10-29 12:54
> gleybirdさん、いつもありがとうございます。
このバラは私の周りには休耕地から、林の縁までたいへん多くて、その株もひじょうに大きなものもあり、楽しみに訪ね回ります。
純白のほかに、じつに美しいピンクの一叢もあり(とっておきです)、来年のその季節にはぜひお見せしたいと思います(^^)
Commented by takahiroi7 at 2005-10-29 17:34
夏の純白から、秋の紅へ季節の移ろいを感じさせてくれます
食欲の秋、鳥たちにとって、この赤い実はご馳走なのかな
そしてバラの種は未知への土地へと・・・・・浪漫ですね
Commented by mayaha at 2005-10-29 17:56
痛みもなくきれいな実がたくさん出来ましたね、秋の陽をあびてきれい!
Commented by moraisan at 2005-10-29 18:28
>takahiroi7さん、こんばんは。
入梅前のひと時、この花はいっせいに開きます。株ごとの花期が短いので、ぼやぼやしてると良い時を見のがしますが。
小鳥が赤い実を咥えている絵を見ると、この実がもっともふさわしく感じます。
Commented by moraisan at 2005-10-29 18:32
> mayahaさん、こんばんは。
今年は花つきも良く、多くの赤い実を期待したのですが、やはり次々なくなるようです。
これだけ実がついてるのを見ることができたのは、ラッキーでした(^^)


<< 秋空のシルエット 野の食堂  ノハラアザミと虫たち >>