二度実を結ぶ花  センボンヤリ

    久しぶりに訪れた里山で、センボンヤリの閉鎖花に出会いました。
e0070545_23245126.jpg





e0070545_23282616.jpg
春には身の丈10センチほどの野草。
小さな白い花をつけ、実を結びます。

夏から、秋にかけては30~60センチにもなる
茎の先に、咲くことのない花、閉鎖花をつけます。

この花が冠毛をつけた実を結び、
それが槍の穂飾り似ることからセンボンヤリの名があります。
[PR]
by moraisan | 2005-10-23 23:46 | 山野草・樹木 | Comments(6)
Commented by gleybird at 2005-10-25 13:59
一枚目のショットを見て、スーッとした槍にも似た茎が、群生しそうに思えたのでセンボンヤリなのかと思いました。
閉鎖花って、初めて聞いたことばです。
Commented by moraisan at 2005-10-25 17:49
gleybirdさん、こんにちは。
そうですね、茎そのものが槍に見えますね。群生というほどではないですが、場所を選ぶのか、私の周りでは限られた場所にだけかたまって見られます。閉鎖花は、スミレの仲間なんかにも見られますし、冬に蕾のまま実を結ぶセイヨウタンポポなんかも、閉鎖花と言えますね。
Commented by namiheiii at 2005-10-25 18:21
そう言えば9月に志賀で見たオヤマリンドウも開いたものはなかったですね。
こうした花は自家受粉ということになるのでしょうか。
Commented by moraisan at 2005-10-25 18:51
なみへいさん、こんばんは。
センボンヤリやほかの閉鎖化といわれるものは、自家受粉だと書いてあります。閉鎖花は花弁や蕊が見えない蕾のような状態をさすようです。
オヤマリンドウはわずかに開くし、花弁も美しいので閉鎖化とは言わないのかもしれませんが、受粉の方法は気になりますね。
Commented by ironsky at 2005-10-25 21:08
閉鎖花っていうんですか。
初めて知りました。(無知をさらけ出しています)
いろいろな植物があるものなんですね。
Commented by moraisan at 2005-10-25 22:26
ironskyさん。
私も相変わらず知らないことばかりです。閉鎖花のこともこの花を調べた時に
知ったと記憶します^^;


<< 気づかずにいた花‥  アキノウ... 里山の秋 >>