枯れ葛‥
  
e0070545_544668.jpg
  どこにでもある冬景色は‥

e0070545_5443454.jpg
                             私の好きな冬景色。

e0070545_5445379.jpg
                                 節気は立春。 どこにでも来る春こそを、私は待っている。



                        ※写真はクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2011-02-06 06:55 | 山野草・樹木 | Comments(10)
Commented by saheizi-inokori at 2011-02-06 08:59
一年生きてきたんだと思います。しみじみ。
Commented by moraisan at 2011-02-06 12:40
>saheizi さん、こんにちは。
暦の確かさに少し安堵しながら、日差しの暖かさが嬉しいです。
一日一生、また今日も唱えなくてはなりません。
Commented by odamaki719 at 2011-02-06 16:38
こんにちは✿
枯れた葛の独特の美しさがありますね。
「立春」も過ぎて何事もなく春が来てくれるといいですね。
そちらは意外に雪が少なかった様子でよかったです。
Commented by moraisan at 2011-02-06 18:52
>odamaki さん、こんばんは。
人手の離れた農地や林野を次々飲み込むように覆っていく葛は、時に自然の先兵のように見えます。
若い木など枝先を曲げられてしまいますが、不思議と葛が枯らしてしまった木というのを私は知りません。

雪に悩まされた方の多かったこの冬‥ 大きな声では言えませんが、もっとたっぷりの雪が見たかったです^^;
Commented by mayumis39 at 2011-02-07 23:09
そちら、雪は思いのほか少なかったのですね、
こういったものも、こちらでは、今もすっかり雪の下になっていることでしょう・・・
でも、雪が解けてくると、
案外、そのままの姿で出てきたりして、スゴイな!と思うこともしばしばです。
まだ、しばらくはガマンの日々が続きそうですが、
また、白以外の色のある風景を見たいと思うこのごろです。
Commented by moraisan at 2011-02-08 00:43
>mayumis さん、こんばんは。
小雪のこの地でもに数十センチの積雪はに何度かあるのですが‥この冬はほとんど降雪を見ません。
カマキリの卵がどれも高い場所だったので覚悟していたのですが、当てがはずれてしまいました。
乾いた寒風にさらされている枯れ野を見ていると、雪の布団の優しさを思ったりします。
淡いパステルに始まって色を増していく春‥待ち遠しいですね^^
Commented by 74mimii at 2011-02-09 06:40
こんにちは!
まだ凍えた空気の中に暖か味を感じるのは
私だけでしょうか。
春は約束通りに少しづつ近づいていますね。
Commented by moraisan at 2011-02-09 07:17
>mimi さん、こんにちは。こちらは朝です。
音が消えているのに期待して開けたカーテンの外は、しんしんと雪が降り続いています。
なごり雪には早いですが、乾き始めていた露地が目立っていましたので、少し安心いたしました。
餌皿の常連たちが催促しております^^
Commented by ILmoon at 2011-02-09 19:32 x
残雪と枯葛 まだ残冬ですよね。
こちらでもススキが風に揺れて、まだ冬を感じます。
そうは言っても、日中は16度を越えて、セーターを着ていると
汗ばむ季節となった宮崎市内です。
でもねぇ~降灰が舞うのは嫌なものです。
Commented by moraisan at 2011-02-09 23:18
>ILmoon さん、こんばんは。
30年ほど前、3月ころかな‥一度だけ宮崎を通過したことがあります。
浅い夜の海岸沿いでしたが、その暖かさと紺の空に浮かぶ椰子のシルエットが、北国生まれの私には異国のようでした。
そちらはもうじき花の季節を迎えることでしょう。
それまでに降灰がおさまるといいですね。


<< 花たちよ‥ 寒立ち‥ >>