寒立ち‥
e0070545_323788.jpg

e0070545_3497.jpg


  久しぶりに川向こうの段丘上に足を向けた。
  
  段丘の平らはほとんど農地で見たい景色はないのだけれど、
  途中の斜面と、その丘にある高等学校の周りは銃猟禁止区域なので、
  鳥獣の気配と、二次林だけれど雑木が幾分多く残っている‥はずであったのだけれど。

  皆伐された斜面の先に、わずか数本残された木々が寒々と立っていた。
  
  遠くてさだかには分からないけれど、サワグルミとコブシであるようだ。
  近づいて確かめたいけれど、近年はやりの防獣柵がぐるりと囲っていて近づけない。
  その柵の内側は銃猟禁止の保護区だという‥ この裸の斜面がだ。

  胸のむかつきは最近すぐれぬ体調のせいか‥ 景色の滲むのは抜ける青さの冬空のせいか‥



                   ※写真はクリックで拡大いたします。



  
  
[PR]
by moraisan | 2011-02-03 04:01 | 山野草・樹木 | Comments(10)
Commented by saheizi-inokori at 2011-02-03 08:46
豊かな冬景色と悲しい冬景色がありますね。
Commented by odamaki719 at 2011-02-03 10:02
おはようございます✿
今年の冬は関東地方だけポッカリと穴が開いたように
寒くても雪はチラつく程度で雪景色はまだ見ていません。
このような景色を見せて頂くと冬を身近に感じこれを
乗り切ると芽ぶきの新しい春が来るのだと感じます。
Commented by moraisan at 2011-02-03 18:04
>saheizi さん、こんばんは。
過日私は何万本も木を伐って生きておりました。
来世というものがもしあるのなら、木になりたいと思っています。
Commented by moraisan at 2011-02-03 18:12
>odamaki さん、こんばんは。
私の住む土地も小雪で、この冬はさらに少なかったように思います。
千曲川には雪しろ水が入り、すこしいのちに濁り始めました。
渓魚が走り、木々草花がその水を吸い上げる日も間近です。
Commented by nenemu8921 at 2011-02-03 21:19
こんばんわ。
信州は深い雪かと思いましたら、まだら雪ですね。
1枚目の写真、荒涼として、空の青さがまぶしいです。
Commented by moraisan at 2011-02-03 22:16
>nenemu さん、こんばんは。
例年ならまだ白一色の段丘上ですが、この冬は少ない雪です。
重なる木々があったので、空との境の残された木たちとは初対面となりました。
山で木を伐っていると、伐れない木というか‥残してしまう木があったりします。
この景色の荒涼は、ここで作業にたずさわった人の胸にも残るでしょう。 私がそうであるように。

Commented by ILmoon at 2011-02-03 22:27 x
寒立ち。いい風景ですこと。
雪は溶けて草や木々の活力になります。
冷たいけれど、しばらくしたら春ですものね。
宮崎では、新燃岳からの溶けない灰が積りまして、
灰立であります。
どうにもなりませ~ん。困った事です。
Commented by namiheiii at 2011-02-04 11:38
寒立ち‥ 含蓄のあるいい言葉ですね。下北で見た寒立馬を思い出しました。
写真は寥々たる心象風景ですね。山や木と深いかかわりのある人しか捉えられないような・・
Commented by moraisan at 2011-02-05 06:30
>ILmoon さん、おはようございます。お返事が送れてすみません。
雪融け水に川も野山も目覚める頃となりました。
今年は頼みの雪が少なくて、ちょっと気がかりです。

宮崎にお住まいですか? お見舞い申し上げます。
噴煙を高く上げる新燃岳の映像を見る時、2007年の浅間山の噴火を思い出しています。
自然のこととてなす術もありませんが、早く噴火が収まることを祈るばかりです。
Commented by moraisan at 2011-02-05 06:49
>なみへいさん、おはようございます。
寒立馬は写真等でしか知りませんが、さぞ過酷なことであったろうと思います。
節気は春分となり、光も空気も変わったように思うのは気のせいばかりではないようです^^

厳しい冬を過ごされました御身に、良き春の訪れでありますように。


<< 枯れ葛‥ うすらい‥ >>