桜寒‥

  日中の気温がなかなか10度を超えない日が多い。 桜が開ききれないままの日が続いています。
e0070545_6431966.jpg
  山桜を除けば、この里で一番好きな桜も遅れている。 一春に唯一日となる邂逅、これが今年の私の桜。
    
e0070545_6464254.jpg
  木の下にもぐりこみ仰ぎ見て‥

e0070545_647371.jpg
                       その向こうに行き過ぎてから振り返り‥ 

e0070545_6473165.jpg
                                          木にも花にも傷みのないのに安堵する。  

e0070545_6565219.jpg
  全体にはまだ五分。 梢近く八分の咲きの一角が見せつけたのはこの木の過ぎた一年、そして花開く意味か。






e0070545_6493038.jpg
         目白は桜に狂喜する。 開かぬ蕾をも こじ開んばかりの催促。 いつものことだな‥

e0070545_65014.jpg
         そう思って見ていたのだけれど‥ 時折そのせわしい動きをしばし止めるようである。 

e0070545_6524676.jpg
      なあんだ、目白も桜を愛でているのだ。  こんなしごく当たり前のことに‥ 私は初めて気づいた。




                         ※写真はクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2010-04-28 06:59 | 山野草・樹木 | Comments(2)
Commented by odamaki719 at 2010-04-29 16:33
こんにちは✿
数年前にゴールデンウィークに奥信濃に行った事がありますが
桜が見頃で驚いた事があります。3年続けて行っていたのですが
桜が見頃だったのはその年だけでした。
時々桜の時期が遅れる事があるのでしょうが今年は特異なのでしょうね。
メジロは桜が好きですね。よく動き回って私には撮れません。
Commented by moraisan at 2010-04-29 21:47
>odamaki719 さん、こんばんは。
奥信濃には雪深いところもあるでしょうから、桜も遅いのかもしれませんね。
今年は低温の日が続いていて、例年より10日以上遅れています。
この日も開花が進む気温ではありませんでしたが、十分な日差しに応えているようでした。
木の下にひとり長く寝転んでいましたから、メジロも気をゆるしてくれたようです。


<< 寒い五月‥ 花ならぬ花たち‥  コケ(苔)... >>