駈け出した春‥ 壇香梅

  まるで初夏を思わせる気温に、一気に春が駈け出したような日でした。
e0070545_8275752.jpg
       枯れ木の山に真っ先に色を戻すのがこの花。 まだ花は少なめ、枯葉を残す木が目立ちました。

e0070545_839371.jpg
                  もう十九年、枝ぶりもすっかり見覚えた木ではあるけれど‥  

e0070545_2111642.jpg
             毎年この木のそばに立てたとき、里山の春の回帰に喜びを新たにします。





  そして空には‥
e0070545_925266.jpg
          高らかな口笛を発してノスリが翔(かけ)る。  彼らの春もまた 走り始めたようです。 



                        ※写真はクリックで拡大いたします。 
[PR]
by moraisan | 2010-03-21 09:16 | 山野草・樹木 | Comments(10)
Commented by odamaki719 at 2010-03-21 10:44
おはようございます✿
壇香梅は初めて見た気がします。
近くでは似た花でトサミズキが咲いています。
そちらも春がやって来ましたね。
Commented by 74mimii at 2010-03-21 13:23
壇香梅 初めてのお花のように思います。
上品な香りがしてくるような・・・
ノスリたちも春が嬉しそうですね。
Commented by moraisan at 2010-03-21 15:34
>odamaki719 さんへ。
マンサクを見ない(記録はあるようですが)この地方では、早春の里山に春一番に咲く花です。
トサミズキの淡い黄色に対して、こちらは目の覚めるような黄色が特徴です。
トサミズキがマンサク科なら、こちらはクスノキ科と異なりますが、共に春を告げる木の花ですね^^
Commented by moraisan at 2010-03-21 15:52
>mimi さん、今年は少し早い開花となりました。
例年は4月にブログにアップしてきたこの花ですが、汗ばむ陽気に急がされての開花です。
パイナップルとパインを混ぜたような香りでしょうか‥ 私には大変好ましく感じる匂いです^^
冬の間は単独行動だったノスリが、この日はカップルでダンス飛行を繰り返しました。
仰いだ空には木枝が多く、飛び交う二羽をようやく画面におさめることができました。 ‥ピント甘いですね^^;
Commented by honeyfire at 2010-03-22 22:45
そちらでもまだ枯れ葉が目立つのですね。そんなところはドイツに似てますが、そちらでも真っ先に咲く花が可憐な黄色い花だなんて! ドイツでも真っ先に咲くのがレンギョウの黄色い花なんですよ。この写真の花と形状が少し違いますが、色合いや風情が似ているように思えます。4月の始めに復活祭があるのですが、花瓶にレンギョウの咲いた枝をさして、色や模様をつけた玉子の殻を吊るすんですよ。

伸び伸びと大空を飛んでいるノスリの姿が素敵です!
Commented by moraisan at 2010-03-22 23:48
>honeyfire・mira さん、そちらは夕刻でしょうか?
春早く咲く花に、お日様の光を集めたような黄色い花が多いのは面白いことですね^^
レンギョウは野生ではないけれど、切花として好まれるようで、レンギョウ畑?は長野県内にも多いです。
レンギョウは復活祭の花なんですね。 英名のGolden bells を思い出しました。

春‥ 待つ時間がこれほど楽しみな季節はないです^^
Commented by ironsky at 2010-03-23 22:12
黄色の花は暖かさを感じますね。
1年のうちでも、一番いい季節となりました。
Commented by moraisan at 2010-03-24 07:18
> ironsky さん、おはようございます。
東京ではもう桜が咲き出したようですね。
一年で一番いい季節‥ たしかにそうですね。
駆け抜けていくのも早いので、目を離せない季節でもありますね^^
Commented by sakusaku_fukafuka at 2010-03-24 07:41
二枚目、いいですね~~こちらでマンサクの花が見られるのはまだまだ先になりそうです。
Commented by moraisan at 2010-03-25 21:17
>sakusaku_fukafuka さん、こんばんは。
この場所のダンコウバイ、実は失われるかもしれません。
私がこの地に住むずっと以前、この林のあちこちに小さな山畑が開かれていて細い作業農道がありました。
土地の人は作業の便から道の拡張舗装を陳情し続けましたが、時は流れこの林に人影はすでにありません。
そんな道に行政の順番で予算が付いたのが数年前、覚えのある木がずいぶん伐られ、
用のない道のための気のない工事が進行中です。 入会の林なので私には為すすべもなく‥
多く撮らせてもらったた木でしたから、その肖像を残したく撮ったものの中の一枚です。 

マンサク、待ち遠しいですね^^ ‥こちら今日は雪になりました。


<< 浅き春‥ 山葵など さらば女神たち‥ >>