つりばな‥

  まだ色づきの浅い里山に、ツリバナの赤い実が目立つようになりました。
e0070545_12281475.jpg
            この秋は、どの木も今までにないほど多くの実を下げていているようでした。

e0070545_1239929.jpg
               この沢沿いの小道は、幼い頃の子供らと遊んだ林につながります。

e0070545_1244465.jpg
        ともすれば足元ばかり見つめそうになる道を、この日は上ばかり見て登りつめたのでした。




                       ※写真は全てクリックで拡大いたします。
[PR]
by moraisan | 2009-10-05 12:52 | 山野草・樹木 | Comments(8)
Commented by 74mimii at 2009-10-05 13:08
チョッと伺わずにいましたら・・・
開いて思わず「まぁ~!」と。
優しいコスモスに野の稔り。
鳥さんたちも嬉しいでしょうね。
Commented by moraisan at 2009-10-05 21:05
>mimi さん、実りの頃となりました。
ツリバナの実はご覧のとおり下向きで、その色で誘いながら鳥たちには食べにくそうです。
身軽なコガラやシジュウカラがぶら下がっているのを見るくらいです^^
コスモスはメキシコの高地が原産地だとか‥ 野生のままに揺れるコスモスを見てみたいものです。
Commented by namiheiii at 2009-10-05 21:45
陽が傾いた頃でしょうか、横からの光が新鮮です。それにしてもきれいに実がつきましたね。
Commented by moraisan at 2009-10-05 22:31
>なみへいさん、こんばんは。
夕刻、4時を少し回った頃です。日がずいぶん短くなりました。
この小沢沿いはツリバナが多いのですが、どの木も豊かに実をつけて、初めて見るような光景となりました。
Commented by mayumis39 at 2009-10-05 22:42
とてもきれいな赤い実、
その赤い実の中に、遠い日のいい思い出もあるのでしょうね・・・

こういう明るい沢沿いの道を、歩きたくなりました。
Commented by moraisan at 2009-10-05 23:30
>mayumis39 さん、こんばんは。
‥ありがとうございます。 いろんなものを見てしまいます。

実はこの道はいつもかなり暗い小道です。
カメラは冷静に露出をはじき出してきましたが、人の目は心の望む明るさでものを見ようとするようです。

この時は、その時私が見たままを残すつもりで撮っています。
Commented by ironsky at 2009-10-06 22:55
ツリバナの赤い実がたくさんなっていますね。
私も先日、日光でこの実を撮影しました。
しかし、木になっていたのは、ほんのちょっとだけでした。
Commented by moraisan at 2009-10-07 00:31
>ironsky さん、こんばんは。
似たような実をつけるマユミに比べても、ツリバナの実はどこか少なく寂しい印象を受けることが多いものでした。
今年はまだ若い木から大きな木まで、鈴なりに実をつけていて、少し驚きました。


<< ある日突然‥ マムシグサ(果実) Cosmos >>